医療介護業がファクタリングをする理由とメリット

病院や調剤薬局などの医療介護業は、誰しもが一度はお世話になっているサービスだと思います。
その需要から、医療介護業が資金繰りに悩みを抱えていることは想像しにくいかもしれません。

しかし、病院が支払う費用や収益の流れを紐とくと、医療介護業でも資金ショートが起きる仕組みがわかります。
この記事では、ファクタリングが必要になる理由と、ファクタリングを利用することのよって生じるメリットについて紹介していきます。

医療介護業で資金繰りが必要になる理由


医療介護業の現場では、高度な医療サービスを提供するために必要な医療機器の購入費用や、質の高い医者を雇用する為の高額な報酬が必要となります。
また調剤薬局では、様々な薬を常に提供できるように、在庫を大量に抱えなくてはいけません。
このように、どのようなケースであっても資金繰りは非常に重要な役割であることが言えます。

しかし、収益となる窓口での支払いは、診療代金の1割~3割程度です。
残りの7割~9割は、手元に入ってくるまでに約2ヶ月の時間を要するという現実があります。
医療機関には、受け取れる報酬が後払いになるという特性があるため、資金繰りが難しくなります。
このような背景があるため、医療介護業でも資金不足が起こり、特に近年ではファクタリングが検討されてきています。

医療介護業でファクタリングを取り入れるメリット

国が請求先でも病院が潰れる医療報酬のカラクリと役立つ医療ファクタリング
医療介護業がファクタリングを活用するメリットには、債券を現金化して設備投資に資金を投入できたり、急な人員の増加に対応できるということが挙げられます。
医療介護業には
・診療報酬債権
・調剤報酬債権
・介護給付費等債権
・訪問看護医療費債権
・障害者総合支援給費等債権
といった債権が存在しています。

これらの金銭債権を譲渡して、支払期日前に現金化をすることができるのがファクタリングです。

このような医療ファクタリングの中には種類がいくつかあり、
・医療機関が保有する診療報酬債権に対するファクタリング:診療報酬ファクタリング
・介護事業者が保有する介護報酬債権に対するファクタリング:介護報酬ファクタリング
・調剤薬局が保有する調剤報酬債権に対するファクタリング:調剤報酬ファクタリング
と呼ばれています。

こうした債券を速やかに現金化できることは、医療介護業にとって非常に大きなメリットになります。
しかも、医療介護業の債権は公的機関ということもあり、非常に信頼性が高いという特徴もあります。
これにより、早急な審査と低い手数料で、有効なファクタリングサービスを受けることが可能です。

ファクタリングは借入ではないため、銀行などから融資を受ける場合とは異なり、最短は即日で資金を調達することができます。

このように、医療介護業は先出しで大きな費用がかかるという面がありながら、資金繰りが難しい業種でもあります。
しかし、ファクタリングを利用して解決できるあることから、医療介護業でもファクタリングは効率のいい手段として注目されています。

医療介護現場の設備投資はファクタリングが支える


医療介護の世界では、より良いサービスを常に提供できる設備が研究され続けています。
先出しでかかる費用がどうしても発生していまいますが、ファクタリングを利用することでカバーできる資金面があるのも事実です。
ファクタリングを有効活用すれば現金資本を確保できるので、上手に検討しながら付き合うことをおすすめします。