歯科診療報酬債権ファクタリングとは

ファクタリングの中には、医療機関だけが利用できる「医療ファクタリング」があるのをご存知でしょうか。
医療ファクタリングは短期的な資金調達や資金繰りの見込めることから、医療機関にとって大変重要な役割を担っています。

その医療ファクタリングには大きく分けて4つの種類があります。
そこで今回は、医療ファクタリングの中の「歯科診療報酬債権ファクタリング」が使われる例やメリットなどを紹介していきます。

医療機関に資金繰りが必要な理由と現状

国が請求先でも病院が潰れる医療報酬のカラクリと役立つ医療ファクタリング
そもそも医療ファクタリングとは、その名の通り病院や調剤薬局、歯科医院や介護事業者などの医療機関がもつ医療報酬をファクタリング会社が買い取り、早期に資金調達をすることを指します。
一般的に、医療機関が診療報酬を現金として受け取ることができるのは約2ヶ月後です。
診療報酬のうちの、7割が2ヶ月後に入金される流れになります。
従って、その間は患者が支払う3割の診療報酬のみで運営していかなければならないのが、医療機関の厳しい現実です。

歯科医業も例外ではありません。
特にスタートアップは安定した収入が得る事は難しく、事業が軌道に乗るまでは時間がかかってしまいます。
従業員の育成や宣伝など、先出しの費用が大きくかかることもあります。
また、銀行融資の返済をリスケジュールしてしまうと、追加で資金調達するのが難しい状況に陥ってしまいます。

その状況の打開策の一つが医療ファクタリングです。
それでは実際に、歯科診療報酬債権ファクタリングが利用されるケースをご紹介ていきます。

機材の購入を安くするために利用

医療器材が古くなり、新しいものを購入する時にも検討されるケースが多く見られます。
購入の際に現金で支払うことで、メーカーから割引の対応をしてもらえることがあります。
こうすることにより、ファクタリング手数料が発生しても結果的に安く購入できる場合があり、効果的なファクタリング使用例と言えます。

事業拡大のために利用

歯科医業では、継承をすることでその歯科医院を継続してそのままm経営することがあります。
その際も資金調達は必要になるので、手数料が安い歯科診療報酬債権ファクタリングが利用されるケースが多いのです。

メリットとデメリット


歯科診療報酬債権ファクタリングならではのメリットとデメリットについてもご紹介します。

歯科診療報酬債権ファクタリングは、医療ファクタリングの中でも手数料が安いケースが多いというメリットがあります。
また、レセプトの取り扱いにも慣れてるので、審査が速く契約もスムーズです。

一方でデメリットとしては、継続利用を中止してしまうと、診療報酬債権の2~3割しか収入のない月が生じる可能性が出てきます。
よって、その分の資金手当てが見込めない限り、ファクタリングを中止しにくいというリスクに注意しなければなりません。

個人開業医の多い歯科医院でも医療ファクタリングは有効

【ファクタリングは何?】売掛債権の買取サービス
医療ファクタリングは増加傾向にありますが、今だに知られていないことが多いのも現状です。
歯科診療報酬債権ファクタリングのように、歯科医にとってメリットが大きいサービスもあります。
どのような種類があるかリサーチし、検討したうえでファクタリングを有効活用してください。