診療報酬債権ファクタリングとは

ファクタリングの中には、「医療ファクタリング」という医療機関だけが利用可能なサービスが存在します。
医療ファクタリングは資金調達や資金繰りを効率よく見込めることから、医療機関にとってとても重要な役割になっています。

その医療ファクタリングには1つではなく、複数の種類があります。
そこでこの記事では、診療報酬債権ファクタリングのメリットや仕組みなどについて紹介していきます。

医療機関がファクタリングを必要とする理由


医療ファクタリングとは、病院や調剤薬局、歯科医院などの、医療機関が持つ医療報酬をファクタリング会社が買い取って資金調達をすることを指します。
医療機関が診療報酬を受け取ることができるのは、通常だと約2ヶ月の期間が必要です。
診療報酬のうち、7割の部分が2ヶ月後に入金されます。
よって、その間は3割の診療報酬のみで経営しなければならないのが、医療機関の厳しい現実です。

その打開策の一つがとして医療ファクタリングが注目されています。
それでは、その医療ファクタリング中でも、「診療報酬債権ファクタリング」について説明していきます。

診療報酬債権ファクタリングとは


この診療報酬債権ファクタリングは、2社間ではなく3社間で行われます。
まずはファクタリング会社、次に医療機関、そして国民健康保険や健康保険組合の3つです。
ファクタリングの仕組みとしては、基本的に一括ファクタリングと変わりありません。

  1. ファクタリング会社が医療機関と債権譲渡の契約を結ぶ
  2. 医療機関はファクタリングを利用した旨を、国保に通知する
  3. 医療機関へファクタリング会社が支払いをする
  4. 医療機関から国保連に請求を出す
  5. 国保連はファクタリング会社に支払いを行う
  6. ファクタリング会社は、診療報酬明細に不備がないか、また、架空請求はないかなどの審査を行う

このような流れで診療報酬債権ファクタリングは行われます。

メリットとデメリット


診療報酬債権ファクタリングにはメリットとデメリットどちらの面も存在します。

メリットとしては通常の一括ファクタリングと比べ、買取りの手数料が安くなるということがあります。
これは、3社間ファクタリングであること、かつ売掛先が国保になるので信用度が高く、買取り手数料を安くすることが可能です。

反対にデメリットとしては、診療報酬債権の買取り額に限度があるということがあります。
診療報酬は健康保険適用の範囲の中での収入であるため、自由診療分に関しては対象外となります。
また、医療保険には様々な制約があるので、診療報酬を増やるにも限界があります。
従って、診療報酬債権の買取り額は、結果的に上限が発生するというケースが起こるのです。

また、診療報酬債権ファクタリングは、基本的にはレセプト債が審査に通る可能性が非常に高いと言えます。
しかし、稀に審査が通らない診療報酬明細もあるという点を把握しておくことが必要です。

医療ファクタリングで個人診療院にも不安ない医療を

ファクタリング時事問題として医療ファクタリングが取り上げられた理由
医療ファクタリングを利用する機会は増加傾向にありますが、未だに知られていないことが多いのも現状です。
どのような種類があるかを事前にリサーチし、目的に合わせた導入の検討することをおすすめします。