売掛債権の売買がファクタリングの基本!融資じゃない金策で資金ショート回避

ファクタリングで資金調達をすることは、健全な事業計画の一つとして認識すべきです。
売掛債権ばかりが手元に残り、黒字倒産を回避する最良の方法がファクタリングなのです。

銀行や商工会などの融資に頼らず、自社資産の売掛債権を現金化する方法を考えましょう。

ファクタリングのシステムとは?

ファクタリングの根幹は「売買取引」です。売掛債権の【権利】を売買譲渡することで、本来の取引会社からの支払い期日よりも早く現金を手に入れられる取引になります。

早期現金化できる代わりに、ファクタリングには手数料が必要になります。取引方法に応じて手数料の割合は変わりますが、古来から行われてきた商取引であり、本来は銀行が率先してファクタリング会社として存在していました。
現在もメガバンクや地方銀行でのファクタリングは行われており、銀行資本を元手にした銀行系ファクタリング会社や、個人資産で賄われているノンバンク系ファクタリング会社が存在しています。

ファクタリングの歴史とは?

現代のファクタリングは、1900年初頭にアメリカでその形を確立されました。日本には1970年代に持ち込まれ、大きく形を変えることなく今に至ります。

しかし、その始まりは紀元前にまでさかのぼり、利息をとることで利益を得ていたことから、当時は売買よりも融資に近い取引でした。
その後、融資から次第に売買へと取引形態を変え、小切手や為替手形なども含めた多くの資産に対しファクタリングを行えました。

安全に資金ショートを回避する方法

ファクタリングが最良の資金ショート回避法であるのは間違いありません。
一切の負債を背負わず、資産だけで資金ショートを回避できるのです。

メガバンクを利用する

銀行にファクタリングしてもらうのが最も安全な取引です。しかし、銀行は3社間ファクタリングが原則であり、取引会社との信頼関係が築けていない場合は利用が困難です。

銀行系ファクタリング会社を利用する

銀行資本を利用しているファクタリング会社であれば、民間企業として利用者ファーストなサービスを提供してくれます。3社間ファクタリングであれば手数料を小さく抑えることができ、2社間ファクタリングであれば利用者だけで手続きを完了できます。

ノンバンク系ファクタリング会社を利用する

銀行系とは違い、個人がファクタリングしているケースがほとんどのノンバンク系ファクタリング会社は、通常では不可能であった土日・祝祭日での取引も可能な場合があります。
銀行営業時間に依存するファクタリングの場合、平日の一定時間内でのファクタリングしかできません。

ファクタリングで負債のない金策をしよう

売掛債権が残ったま資金ショートしてしまうと黒字倒産を迎えることとなってしまいます。しかし、売掛債権が残っているからこそファクタリングが可能なのです。
融資で負債を抱え、利息を追加返済しなければならない状況よりも、売掛債権を売買して健全な金策に努めましょう。