楽器店がファクタリングを活用するメリット〜在庫確保のための資金調達〜

新型コロナウィルスの対策として、国内では外出自粛要請が続いています。そんな中、自宅での時間を楽しむために、新たに楽器を始める人が増えました。楽器店にとっては厳しい状況が続いていますが、今回は楽器店がファクタリングを活用するメリットについて解説します。

ファクタリングを活用することでキャッシュフローを改善できる

楽器店が店舗を構えると、従業員の給与に加えてテナント料が発生します。更に、楽器は安価な物ではないので、仕入れのタイミングによっては支払い額が多くなってしまい、資金ショートを起こしてしまう危険性があります。
ヴィンテージ等の中古楽器との出会いには縁があります。支払いができなくなるという理由で仕入れを諦めてしまうのは、楽器店にとって大きなデメリットです。
楽器店は、中古楽器を売りたい側と買いたい側の架け橋です。楽器を購入する側は、フリマアプリやオークションサイトでの購入と違って、メンテナンスが行き届いた良質な楽器を手にできます。

楽器店が資金ショートを起こしてしまいそうな時は、売掛債権ファクタリングを活用してみましょう。売掛債権ファクタリング を活用するとすぐに手元に現金を用意できるので、資金の流れを止めずに営業が続けられます。

楽器店の利用客はクレジットカード決済が多い

近年、楽器店は店舗での販売だけでなくネットショップでの販売に注力しています。ネットショップで楽器を販売することで、地方に住んでいて欲しい楽器が手に入らないという消費者にもアプローチができるからです。
楽器とネットショップは、実はとても相性が良い組み合わせです。消費者には楽器へのこだわりが強い人が多く、楽器を購入する際に細かな要望を持っているという特徴があります。

  • メーカー
  • 状態

また、楽器は工場で大量生産できる物ばかりではありません。職人の手で1本1本手作りされている楽器が存在しており、そういう希少な楽器を実店舗で探すのは非常に困難です。
希少な楽器を探している消費者は、実店舗での購入を諦めてネットショップで自分が求めている楽器が出品されていないか検索します。これがネットショップで高額な楽器が購入される背景です。

楽器店がネットショップで楽器を販売する時の注意点は、決済がクレジットカード決済になるので入金が遅れてしまうという点です。また、楽器には10万円を越える商品も数多く存在します。消費者が購入する楽器が高額になればなる程、決済でのクレジットカードの出番が多くなります。
クレジットカードの売上は、通常1ヶ月~3ヶ月経ってからの入金です。そのため、売上が伸びても手元の資金が足りないという問題が起きる恐れがあります。

ピックや弦、ドラムのスティック等の消耗品は現金で購入してもらえますが、どれも価格が安価です。楽器店は、こうした消耗品の販売だけでは手元に十分な資金が残せません。

売掛金があるけど支払いができないという時は、売掛債権ファクタリングで売掛債権の入金を早めることで解決できます。入金サイクルを調整できるのは、楽器店にとって大きなメリットです。

売掛債権を早期現金化して在庫を補填するのも良い方法

新しく楽器を始める消費者は、楽器店でどんなタイプの楽器を購入したら良いか相談したいと考えている場合が多いです。外出自粛の影響は楽器店にも及んでいますが、ファクタリングを上手く活用しながら未来のエンターテインメントを守り続けて欲しいと思います。