事業を行う上で、常に考えていなければならないのが資金状況です。しかも、事業が今どの段階にあるのかによっても、金策の方法は異なってきます。

金策の持つ性質を知ることで、いつどの金策を使って資金調達すべきかが分かります。

事業主が最も利用しやすい金策といえば融資です。銀行や商工会による資金融資を受けることで、回転資金を調達することができます。
別には、クラウドファンディングなどを利用してスポンサーを募る方法があります。事業の持つ旨味や魅力を表明することで、自発的に資金援助してもらう方法です。
さらに、これまでの事業実績を利用して発行している売掛債権を売買するファクタリングがあります。これは事業実績がないと利用できない方法ですが、最も健全な資金調達方法です。

融資を使うべきタイミングと特徴

ファクタリングの概要は?一体どんなサービス?

融資は、資金がない状態からでも、資金を融通できる条件さえあれば資金調達できます。

例えば「事業計画書」による事業への信用度と将来性を担保に開業資金を融資してもらう際や、土地・家屋を購入する際に物件を担保として資金を融資してもらうための担保がここで言う条件になります。

融資を使うタイミングは、事業を開始する際の開業資金を調達する際、または事業が好転している状況の時です。資金ショートで早急に資金調達したい場合に縋るのは危険な資金調達方法になります。
融資の特徴として、将来性がないものに対してはとても厳しい条件を突きつけてきます。将来性があるうちはどこの銀行や商工会でも挙って融資の話を持ちかけてきますが、事業者が困った時には掌を返したように返済を迫ってきます。その上、唯一苦しんでいる事業者に対し良い顔を見せてくれるのはヤミ金です。
危機的状況であればあるほど、融資での資金調達はおすすめできません。

スポンサーを得るとどうなる?

スポンサーとは、事業に対し資金提供を行ってくれる出資者を指します。もちろん無条件での出資はあり得ませんが、出資する価値を見出させられればスポンサー契約を結び資金提供を受けることができます。

スポンサーとの間で、事業内容や今後の展望についてその都度話し合う必要があります。スポンサーに魅力を伝えられれば、事業拡大も新事業立ち上げも思いのままになっていきます。

ファクタリングなら事業者が確実に資金調達できる

ファクタリングは、事業者が自分主導で資金調達できる方法です。既に事業が完了している状態で売掛債権を発行しているからこそ、事業者は取引先の支払い期日に現金を手に入れることができるのです。

しかし、都合により支払い期日を待つことができない状況に陥ることがあります。そんな時、事業者が確実に資金調達するための方法がファクタリングなのです。

ファクタリングを持ちかける先が大きいほど、固い取引を求められます。
事業者・取引先・ファクタリング会社の3社間で行われるファクタリングの場合、手数料が5〜10%という低料金での取引ができます。しかし、3社間での取引には事業者と取引先の間で信頼関係が必要となります。付き合いが浅い取引先の売掛債権をファクタリングする場合、事業者とファクタリング会社だけで取引できる2社間ファクタリングを利用することになります。2社間での取引手数料は20〜30%という割高な手数料が必要になります。

資金調達が必要な状況で、最も効率的に確実な方法なのがファクタリングです。