ノンリコースのファクタリングとは何?取引先が破綻したら既に得た資金はどうなる?

売掛債権を第三者に売却し、運転資金を調達する金融取引がファクタリングです。買取依頼をするファクタリング会社選びの際、各社のホームページには気になる言葉があります。

【ノンリコース】

ノンリコースかリコースかを知らずにファクタリングすると、せっかく得た運転資金を返却しなくてはならない事態に陥ることがあります。経営状態によっては倒産してしまう恐れもあるのです。

ノンリコースの意味

ノンリコースとは、償還請求権が無い金融取引の事です。

償還請求権とは、債務者から支払われる見込みが無くなった際、保証人などの二次的支払義務者に対して債務を請求できる権利の事です。

ノンリコースは事業からの収益だけに返済義務が限定されます。また、ノンリコースであれば保証人や担保を用意することなく資金調達ができるのです。

ノンリコースファクタリングの定義はリスクヘッジ

ノンリコースファクタリングは、取引先が破産しても利用者に返済責任が発生しない取引方法です。

売掛債権が取引商品であるファクタリングでは、入金が確実に行なわれる事が前提で売掛債権の買取が行なわれます。しかし、入金日に売上金がファクタリング会社に送金されない。

それが【売掛金の焦げ付き】という状態です。

焦げ付いてしまう原因として、取引先の倒産や経営難による資金繰りの悪化などが挙げられます。リスクを背負うことを承知で行うのが売掛取引なのです。

こうしたハイリスクの売掛債権を償還請求権無しで買い取ってくれるファクタリング会社もあります。資金力が豊富だったり、審査に伴う企業調査力が優れていたりするのが特徴です。

大手のファクタリング会社でなくとも【中小企業診断士】や【会計士】など、金融関連の国家資格者が在籍している会社であれば安心して相談できます。

まれに売上金の入金前に取引先が倒産してしまい、売掛金の回収ができなくなってしまう事があります。下請や孫請などの中小企業は、経費の支払いなどが滞ってしまい【連鎖倒産】する可能性もあるのです。

ノンリコースのファクタリングでは、こうした連鎖倒産のリスクを回避できます。取引先が倒産しても、売掛債権はすでにファクタリングで資金化しているため、売掛金は焦げ付きません。

資金を純資産として扱える

純資産とは、負債を含む総資産の中でプラスとなる部分の事です。ファクタリングで得た運転資金は、設備投資や経費支払いに流用も可能な純資産として利用できます。

保証人や担保が必要なリコースファクタリングの場合、取引先から売掛債権分の売上が入金されるまでは純資産ではありません。万が一取引先が倒産してしまい、売上金が入金されなければファクタリングした資金を返却しなくてはならないのです。

ファクタリングで得た資金をそのまま純資産にできると、資金計画も前倒しが可能になり資金繰りの改善に繋げられます。

ノンリコースファクタリングにはデメリットもある

2社間ファクタリングの失敗ケースの特徴

リスクヘッジや即時純資産にできるノンリコースファクタリングですが、少なからずデメリットもあります。手早く純資産として債権を処理できるものの、最大の利益を手にできなければ、本来手にするはずだった金額よりも不要な損益を被らなければなりません。

手数料が高くなる可能性有り

ノンリコースファクタリングは、売掛債権を買い取る立場であるファクタリング会社にとってはリスクが高い取引です。よって、手数料がリコースファクタリングよりも高く設定されている傾向にあります。

ファクタリングには2社間と3社間取引の2種類があります。手数料は法律で上限が決まっていないため、ファクタリング各社同士の相場で決まっています。

2社間は10%~30%、3社間で5%~15%が相場です。ノンリコースファクタリングの場合、2社間の30%もしくは3社間の15%に近い割合での手数料になるケースが多いです。

売掛債権総額の金額にもよりますが、30%の手数料はかなりの損になってしまうのです。

取引先の経営状態によってはリスクヘッジではなく単なる損になる可能性有り

取引先の経営状態によっては、ノンリコースが無意味なケースもあります。目先の資金だけを求めてしまうと損をしてしまうこともあるのです。

大企業や行政が取引先の場合は、余程の事がない限り倒産などによる売掛債権の入金が遅れる事はありません。全体の状況を見極めた上でノンリコースかリコースかを選択してください。

タイミングを見極めノンリコースファクタリングを利用しよう

保証人や担保を必要とせずに売掛債権を早期現金化できるノンリコースファクタリング。利用する最適なタイミングを見極め、円滑な資金調達を心掛けてください。

手数料が割高なデメリットはあるものの、焦げ付きの恐れを回避できる取引です。早い段階で手を打つには最高のファクタリングになります。