ファクタリングを利用する時の注意事項!ランキングサイトは使わない!

ファクタリング会社の良し悪しを確認する工程と、その後に実際利用するファクタリング会社の選定のために「ランキングサイト」を利用する利用者はとても多く、そのせいで苦境に自ら立ってしまうという悪循環が生まれることはあまり知られていません。
ランキングサイトは情報をとても容易に入手できる反面、作成しているのがアフィリエイターやブロガーという金融業界に対し「素人」という矛盾があります。

では、一体どこで間違いのないファクタリング会社を探せば良いのでしょうか?

優良ファクタリング会社をランキングサイトで探すべきではない理由

ファクタリング会社は年々増加しています。これは、銀行系ファクタリング会社ではなく「ノンバンク系ファクタリング会社」の増加だということを理解してください。

ノンバンク系ファクタリング会社の増加には、残念ながら「ヤミ金」が背後に控えています。消費者金融としての事業が成立しなくなってきた現代、最もシフトチェンジしやすいファクタリング会社への参入がファクタリング会社の増加につながっています。

ランキングサイトの中には、アフィリエイトよりも報酬発生しやすい「アドセンス広告」を設置している場合が多く、それらの広告を指定しているのがヤミ金由来のファクタリング会社であることがあります。このことから、ランキングサイトを鵜呑みにしては危険だということを訴えさせていただきます。

優良ファクタリング会社を見つける方法

ファクタリング会社の性質上、世間一般的には「胡散臭い金融サービス」という認識がついてしまっています。消費者金融との差もわかりづらく、詐欺被害が絶えないのも疑いの目で見られてしまう理由になります。

実際に優良ファクタリング会社を利用したければ、まずは利用するファクタリングの種類を「3社間ファクタリング」に絞ることから始まります。
2社間ファクタリングは手軽に資金調達できるので、個人事業主や新規立ち上げ直後の企業などは利用しがちのサービスです。しかし、手軽さゆえに悪徳業者の入り込む余地ができてしまうのです。特に、利用者とファクタリング会社だけで契約が完了するという面において、セキュリティーが希薄になってしまうのは顕著な事実です。

3社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社に加え「取引会社」が参加します。そして、実際にお金を支払う側にいる取引会社の介入となるからこそ、契約の細かな部分にまで目が行き届くのです。

どうしても2社間ファクタリングでなければならない場合、ノンバンク系ファクタリング会社よりも「銀行系ファクタリング会社」を利用することを優先しましょう。銀行では2社間ファクタリングは歓迎されない契約方法になります。そのため、直接銀行でのファクタリングではなく、銀行の資金提供を受けているファクタリング会社を利用することで2社間ファクタリングを実現していくのです。

ファクタリングを安全な取引にするためには公式サイトを利用する

素人が作っているランキングサイトでは、絶対に安全なファクタリング会社を見つけることはできません。中には問題のないファクタリング会社をまとめているサイトも存在しますが、絶対の安心を手に入れるためには公式サイトを利用するのが最適です。

ランキングサイトのバナーによって転送されるサイトが、本来の公式サイトへ誘導するものとは限りません。下手をすればサイトオーナーが作っている悪質サイトへの誘導である可能性すらあります。
間違いなく安全にファクタリングを利用したいのであれば、公式サイトに直接アクセスしましょう。