ファクタリングでオフバランス化が可能?

ファクタリングのサービスを利用することによって、オフバランス化をすることも可能です。
貸借対照表、所謂バランスシートのバランスを良くすることは、企業価値を高めることにおいて重要な要因となります。
しかし、ファクタリングでそのような働きが出るというのはどのような仕組みなのでしょうか。
今回は、オフバランス化ができる理由と仕組みについて解説していきます。

資産のオフバランス化が可能!オフバランス化とは?


資産のオフバランス化というのは、バランスシートとも呼ばれる貸借貸借対照表の資産の部分から債権を外し、総資産額を減らすことを指します。
これによって、総資産額は減りますが利益は変わらないので、結果として純資産利益率の向上にも繋がります。
とはいえ、実際このような試みを行ってどのようなメリットがあるのでしょうか。
実は、企業というのは同じ利益であれば、総資産が少ない会社のほうが優れた経営をしていると判断される傾向にあります。
会計上、収支のバランスは非常に重要です。
PDAが高いと株価や、審査時の評価にも影響が出るため、経営に響く影響は少なくありません。

債権のオフバランス化を行うことで企業価値を高める


そもそも、債権は可能な限り早く現金に換えた方が何かと使い勝手が良く、長期に渡って保有しておくものではありません。
ずっと保有することによってキャッシュフローの悪化に繋がるだけでなく、保有期間が長ければ長いほど、不渡りのリスクが上がっていく為です。
ファクタリングによってこのリスクを早めに切り離し、キャッシュの負担を軽減させるのは財務戦略上、合理的な手段と言えます。
資金調達と言うと、融資や出資をはじめとする直接的な金融に注目されがちですが、本当に重要なのは手持ちの資産の扱い方です。
現金化されるまでのスピードを高め、企業価値を高めていくことが、安定した経営に繋がるということが言えます。
これが、ファクタリングを行うことによる具体的な会計上のメリットになります。

オフバランス化のメリット

自分の会社を守れるのはあなただけ!
ここまでに挙げた「オフバランス化をすることの利点」をまとめると

  • キャッシュに余裕を持たせることが可能
  • 企業価値が上昇し、融資を受ける際に有利に働く
  • オフバランス化を行ううえで最も大きなメリットは、まず「キャッシュフロー改善」であり、その次に、「純資産利益率の上昇と企業価値の上昇」
  • があります。

    どちらも安定した経営には不可欠で、特にキャッシュに余裕が生まれることは、黒字倒産という最悪の事態を避けることにも繋がります。
    会社経営では、支払いが1日遅れただけで事実上倒産してしまうケースも珍しくありません。
    よって、キャッシュフローの改善が見込めることは非常に重要な点と言えます。

    ファクタリングに存在する多くのメリット


    今回は、オフバランス化が可能になる理由と、そのメリットについてご紹介しました。
    ファクタリングと言うと「スポットの資金調達」というイメージがあるかもしれませんが、実はこのようなオフバランス化のメリットも存在します。
    もちろん短時間で現金が手元に用意できることは、効率の良い資金調達手段としてメリットが大きいと言えます。
    利用目的に合わせ、事前の準備をしっかり整えたうえで、最適な資金調達の検討をおすすめします。