ネットショップでファクタリングを利用した場合の成功例

ネットショップの事業では、売り上げが思ったより伸びないこともよくあります。
また、売りあげても入金が遅く、資金繰りが悪い状態が続くということが多くあります。

こういったECショップなどの運営は、円滑な資金調達ができるかがカギとなってくる業種です。
今回は、ネットショップにおけるファクタリングの成功例と、申請を検討する際に気を付けておきたい注意点を見ていきましょう。

なぜネットショップ経営で資金繰りが悪化するのか?

ネットショップ経営の場合、商品が売れてから入金があるまで1か月から2カ月程度かかるケースが多々あります。

そのため、注文はあるのに目の前の資金不足に困ることも出てきます。
1つの商品単価が上がって入金が遅くなると、次の商品を仕入れることもできなくなるケースもあるでしょう。
そのため、売上を伸ばすことが難しくなるという悪循環に陥ることがあります。

つまり、常に手元に動かせる資金があるというのが理想の状態です
悪循環にならないためにも、まだ入金がない金額、いわゆる売掛金を現金化することが資金繰りを改善させるポイントとなってくるのです。

ネットショップでファクタリングを利用した成功例

商品の注文が殺到しているにも関わらず、資金不足により商品を仕入れることができないので金策を行ったところ、金融機関には融資を断られてしまったということがよくあります。

ここで注目したいのがファクタリングです。
ファクタリングはお金を借りるのではなく売掛金を売却するだけというシステムです。
なので例えば800万円の売掛金を提出して、700万円の資金調達を得るということも十分に可能です。

その700万円を利用して商品を仕入れることができれば、すぐ事業の運転資金に回すことができるので効率の良い結果となります。

この場合はファクタリングを利用するにあたって100万円の手数料がかかっていますが、その金額をカバーできれば問題はありません。
多くの商品を購入し、この手数料を支払ってもそれを上回る利益が出れば、ファクタリングを利用する成功例となりえます。

検討にあたって注意すべきポイント

ただ、いかなるケースでもファクタリングが有効という訳ではないので注意も必要です。

ここで気を付けたいのは、手数料が通常融資に比べると高いというところです。

ファクタリングには法律で決められた手数料の割合が存在しません。
そのため、各ファクタリング会社で異なる手数料を設定しています。
例えば2社間ファクタリングは約20〜30%の手数料、3社間ファクタリングは約5〜10%の手数料が設定されることが多いようです。

ファクタリングの手数料を払って資金調達をしても利益が出るかが、申請をするかどうかの判断基準になってきます。

最も効果的なタイミングでファクタリングを利用しよう

ネットショップ等の運営は、いかに潤滑な資金調達ができるかが重要です。資金繰りが悪化し、売掛金を現金化したいとお考えの方も多いと思います。

ファクタリングは手数料が高いというデメリットもありますが、どうしても今すぐ現金が必要という場合は効率のいい資金調達方法でもあります。手数料を計算をしても利益が出るという見込みがあれば有効な手段になるので、選択肢の一つとしてファクタリングを検討しましょう。