「資金繰りが悪いから即日で資金調達をしたい…」
「 銀行からの融資だと時間がかかるから即日審査をしたい…」
このようなお悩みがある時に、最短即日でスピーディーな資金調達ができるファクタリングは経営者の強い味方です。
ただし、全てのケースでで即日の現金化ができるわけではありません。
今回は、ファクタリングで即日の資金調達を可能にするためのポイントについてご紹介していきます。

即日契約を可能にするための注意点とは


ファクタリングは、銀行融資と比べると手軽に利用できる資金調達手段です。
ただ、どんな条件であっても即日入金ができるというわけではありません。
即日の現金化をするためには抑えておく必要のあるポイントがあります。今回は、以下の5点を紹介していきます。

できるだけ早い時間田の申し込みを

いくら即日資金化が可能なファクタリング会社でも、当たり前ですが営業時間外の申し込みには対応できません。
営業日が365日・24時間でない限り、午後から夕方の申し込みは明日以降の入金になってしまいます。
「絶対に即日で現金が必要」という場合は、午前中の中でもなるべく早い時間に申し込みを済ませる必要があります。

2社間ファクタリングで対応してもらう

ファクタリングの手続きには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのサービスがあります。
3社間はの契約を成立させるには、取引先への通知と同意が必須です。
よって、そのぶん時間がかかってしまい、即日入金が難しくなります。
しかし、2社間であれば手数料は高くなってしまいますが、その簡易性から企業とファクタリング会社だけで契約を交わすことができるので、即日資金化も可能です。

必要書類の準備を徹底する

ファクタリング契約には書類の準備が必須となります。
必要な書類を集めることに時間がかかってしまうと、即日入金は難しくなります。
そこで、スピーディーな契約を進めるために、必要書類を前もって揃えておくことが重要です。
必要になる書類菅家は、利用するファクタリング会社のホームページ等に記載されているはずなので。必要書類一覧は必ず確認しておく必要があります。

優良債権を選ぶ

ファクタリング会社が最も重要視しているのは、申し込みに来た会社の信用度より、取引先会社の信用度です。
複数の会社と取り引きがある場合は、最も経営状態の優れた企業の債権を選択するとファクタリング会社も安心して契約できるので、即日入金の可能性が高くなります。
起業して間もない会社の売掛債権よりは、歴史や実績のある会社や資金力のある会社の債権を選んでおく必要があります。

債権額の大きさにも注意が必要

ファクタリング会社も企業なので、例えば1億円の売掛債権でお願いしても即日対応は難しいことが考えられます。
高額であればあるほどリスクが高くなるので、詳細な審査が必要となります。
即日のファクタリング実現をしたいのであれば、債券額は相場として1000万円以下を選ぶのが無難です。

一番のポイントはしっかりとした前準備


以上が、即日に現金化をするためのポイント5つでした。
依頼をする業者によってもその内容は異なりますが、事前に入念な確認を行い、早い段階で申し込みをすることが重要と言えます。