ファクタリングにおける成功例【不動産業】

不動産業の多くは、管理費や家賃料を顧客から得るビジネスモデルになっています。
一見すると安定的な収益が見込めそうですが、不動産業にも資金繰りが必要なケースが多くあります。

そのような不動産業で、現在注目されているのがファクタリングです。
今回は、不動産業でファクタリングを利用する理由と、実際に利用した成功事例をご紹介していきます。

不動産業でファクタリングが必要になる背景


不動産業は一般的に、他の業種よりも銀行融資が通りやすいと言われています。
しかし、物件への投資やマンション管理のための人件費、更に建物の修繕費用といった維持費用は大きなコストがかかります。
そのような費用が立て続けに発生した場合は、不動産会社でも資金ショートが起こってしまう可能性があります。

また不動産価値は景気によって大きく左右されやすい業種でもあります。
景気の動向によって保有している不動産の価値が下がってしまうと、当初の予測よりも収入が得られないことも多く見られます。
更に、そのような状況下において契約が取れないと、入金に遅れが生じて資金繰りが悪化してしまうことが考えられます。

資金ショートをしている時には、銀行からの融資を受けることも難しくなります。
こういった背景によって不動産業でも迅速な資金調達が必要になり、ファクタリングを活用するケースが増えてきているのです。

不動産業でのファクタリングを利用した成功事例


新開発を始める地域に新しくビルを建て、そこを貸しビルとしてテナント料を得る計画をしている会社がありました。
ビルを建てる計画や土地の購入交渉がスムーズだったこともあり、計画は順調に進んでいました。

しかし、全ての契約が完了し、支払いが始まるタイミングで大きな地震被害が発生してしまいました。
土地の購入費用からビルの建築費用、更に修繕費などを含め、大きな資金を失うことになってしまったのです。

修繕費など急を要する費用に加えて、定期的に土地やビルの購入費用のために借入していた金融機関への返済も行わなければなりません。
そのため、会社の資金繰りは一気に悪化してしまう事態に陥ってしまいました。

そのような状況で素早く現金を確保する必要があったため、ファクタリングを行うことにしました。
信用度が高い金銭債権であれば、手数料が少なくて済むという大きなメリットもあります。
こうして、ファクタリング会社に金銭債権を譲渡することにより、一時的に資金を得ることに成功しました。

ファクタリングを利用した結果、その後の資金繰りは大きく改善されました。
資金繰りに余裕ができたことにより、新たな事業展開も行えるようになった会社がありました。

このように、不動産業にはその事業特性から、景気の動向や災害の有無によっても資金繰りが必要になるケースがあります。
今まで資金繰りには不動産担保融資が多く利用されてきました。しかし、昨今ではスピード感が遅いため敬遠される傾向があります。

そこでこういった問題を解決するためにファクタリングが活用されています。
ファクタリングを上手く利用すれば、不動産業に起こるリスクに対応しながら資金調達をすることが可能です。

潤沢な現金資産が不動産業の大きなポイントとなる


修繕費に設備投資費、それらは不動産管理する上で必ず管理会社にかかってくる経費になります。それを後回しにすることはできず、現金資本が不足していては管理業は不可能となってしまいます。

ファクタリングの使いどきを十分に見極めた上、確実な現金資本を手に入れましょう。