不動産業がファクタリングをする理由とメリット

人間の生活にとって「住」は欠かせない存在であり、不動産業は昔から必要な業種とされてきました。
しかし、そういった需要のある不動産業も資金繰りには悩まされているという事実があります。
そこで今回は、不動産業でファクタリングが必要になる理由と、ファクタリングを活用するメリットについて紹介していきます。

投資額が大きい不動産業


不動産業で資金ショートが起きてしまう要因としては、主に投資額や市場金利などが挙げられます。
まず、不動産業は投資額が大きくなるという事業特性があります。

不動産業は管理費や家賃料等を顧客から取るというビジネスモデルです。
従って、そのような収益が見込めそうな物件を確保する必要があります。
しかし、そのような物件は大きなコストがかかってしまうという側面があります。
また、不動産価格が高騰する現状の中で、管理に必要なコストは増加の傾向を辿っています。

多額の投資をしても、契約が取れれば問題はありません。
しかし、高額な資金が必須となるので、一度でも投資にミスがあると資金繰りが苦しくなってしまう大きな要因となります。

市場価値の変動も懸念点に


次に、市場価値の変動が大きいという点も、不動産業の特性と言えます。
不動産の価値は景気の変動に連動します。
不動産価格が暴落する可能性も考えられますし、将来的にどれくらいの収益を見込めるかを予測することは容易いことではありません。

予測が外れれば大きな額で購入した不動産も価値がなくなってしまい、収益をあげることができなくなってしまいます。

特に、不動産業の資金繰りは景気の回復次第で改善が見込まれるものの、昨今の景気後退ムードでは、急な回復は難しいと考えられます。
購入者にとって不動産は、一生に一度となる高い買い物です。
短いスパンでどんどん買い換えるということはなかなかありません。
取引を行う際は、長期間に渡り購入者と交渉をする必要があります。
それにより、金利動向や税制などの影響も受け、ビジネスの方向性が変わってしまうことがあります。

このような事業特性がある不動産業では、安定した売上が毎月入ってくれば業績を伸ばすことが可能です。
しかし、契約がなかったり入金が遅れてしまうと、資金繰りの悪化に大きな影響が出ます。

不動産業では入金までにかかる期間が長く、不安定な事業特性もあることから、資金ショートが起きてしまうのです。
このような背景から、不動産業でもファクタリングが多く利用されています。

不動産業でファクタリングを取り入れるメリット

2社間ファクタリングは天国or地獄?落とし穴を回避して効率的な資金調達をする方法
不動産業で資金調達を行う際は、一般的に「不動産担保融資」という手段を利用する機会が多くありました。
しかし、この不動産担保融資はあくまで銀行からの借入れという形になります。
返済不能な状態に面した時は、担保としている不動産を失うことになります。
更に、他社に借り換えを行って中途で契約を行う場合等、場合によっては違約金が発生するケースもあります。
変動の激しい経済状況では素早い対応と資金調達が求められるので、審査に時間を要する不動産担保融資は、効率的でないこともあります。

そこでファクタリングを利用することにより、売掛債権の譲渡だけで資金調達ができるというメリットが得られます。

資金調達の金額に関しても、売掛債権の額面によって変動するので、ファクタリングは一度決まったら変えることが難しい銀行融資より、優れた点がある資金調達手段と言えます。