ファクタリングを推奨するには理由がある!安全策を手に入れよう!

事業者にとって、クリーンな事業資金というものは安心材料となります。そのため、できることならビジネス融資を受けずに自己資金だけで事業を回転させたいと考えるものです。

しかし、常に上向きな事業というのは難しく、上がることもあれば下がることも出てきます。その際、仕入れや経費として確保しなければならないにも関わらず、資金ショートしてしまうケースにも直面する機会が出てきます。

そんな時、最後の手段として選ばれるのがファクタリングなのですが、今一度事業資金について見つめ直してみませんか?

ファクタリングが最後の手段?

多くの事業者が資金ショートしてしまった際に頼るところはどこでしょう?

もちろん金融機関である銀行ですよね。

その選択自体に間違いはありません。しかし、多くの場合相談する内容が融資のお願いであることは大いに問題です。
なぜもっと安全に金策に走らないのでしょうか?

売掛債権は資産

資金ショートしてしまっても、手元に売掛債権がある状態であれば事実上マイナスではありません。
黒字倒産をしてしまう事業者もいますが、これは売掛債権を現金化できるようになるまでの期間を乗り切れないことが原因です。

つまり、売掛債権さえ現金化できてしまえば、倒産にまでもつれ込む必要はないということになります。

融資こそ最後の手段だ

事業資金のショートにより、支払いに滞りが出そうな時だからこそ銀行融資を最優先で考えてしまいますが、今一度よく考えてください。

融資=負債

これはどんな融資であっても同じです。また、借り入れる先が銀行でもヤミ金でも全く同じです。
資金ショートしている、もしくはしそうな状況にも関わらず、さらに負債を背負ってしまうということは、一時凌ぎができたことにはなりません。

ファクタリングを勧める理由

ファクタリングであれば、資金ショートしてしまっても売掛債権が償却できるため最悪な状況でも0に持ち込めます。
これは、融資を受けて賄った状況よりも段違いに有利な状況です。

マイナスの状況で事業w進めなければならないプレッシャーと、0の状態で新たにプラス向けて前進するのでは、精神的負担が全く違うのです。

ファクタリングを利用することで黒字倒産を防ぎ、マイナスを背負わずに事業に臨めるというのが、ファクタリングを推奨する理由です。

資金ショートの際にはまずファクタリングから

緊急時の金策として融資を受けることばかり考えていては、いつまでも返済とマイナス状態の資金繰りに悩み続けなければなりません。
1日でも早く健全な資金状態に戻すためには、最初の資金調達方法にファクタリングを導入することをおすすめします。

黒字倒産回避には融資ではなくファクタリングが最も効率的で、何より負債を背負わないということを頭に叩き込んでおいてください。