償還請求権にも関係が?ファクタリングで債権者が抱えるリスクとは

ファクタリングは売掛債権をファクターに買い取ってもらうことで、早期の現金化が可能な資金調達方法です。
債権者に利点があるからこそ、近年急激に利用機会が増えているサービスですが、そこには注意が必要になるリスクも存在します。
今回は、債権者が抱えてしまう可能性のあるリスクについて解説していきます。

そもそものメリットとは


資金化が迅速であったり、融資に比べて審査が易しいというのがファクタリングの特徴です。
また、信用情報に悪い影響が出ないということも、大きなメリットと言えます。
それでは、こうしたメリットがありながらも、注意すべきリスクとはどのようなことがあるのでしょうか。

債権者が抱えるリスク

売掛先に知られる可能性がある

ファクタリングを利用していることが売掛先に知られない為にできたのが、2社間ファクタリングというサービスですが、全てのケースで絶対に知られないわけではありません。

ファクタリングを使う場合、債権譲渡登記が必要になりますが、その登記簿を見られてしまうと売掛先にファクタリングを利用していることがバレてしまう可能性があります。
ファクタリングを利用している事実を知られてしまうと、売掛先に「資金繰りに困っているので経営が危ないのでは」と判断される可能性もあり、最悪の場合は取引の解消をされてしまいます。
登記簿をわざわざ取得して見ることは極めて稀ですが、知られるリスクがゼロではないのは事実です。

償還請求権の有無

償還請求権とは、ファクタリング会社が貸倒リスクを避けるための権利です。
通常、債権を買い取った後に売掛先が倒産した場合、利用者ではなくファクタリング会社が全損害を被ります。
しかし、償還請求権が付いているファクタリング契約だった場合、ファクタリング会社はもとの債権者、つまり利用者に損害を保証させることが可能です。
この償還請求権はファクタリング手数料にも作用します。
償還請求権が付いているファクタリングだと手数料が安く、償還請求権がないと手数料は高くなります。
これは、償還請求権付きであればファクタリング会社が売掛金の回収に関して負うべきリスクが低くなるためです。
償還請求権の有無にはメリットとデメリットどちらの側面もあるので、契約前にどのような契約を結ぶのがベストなのか確認が必要です。

悪徳会社の存在


ファクタリング利用にあたって最も注意したいのが、悪徳業者です。
ファクタリングにはまだ法的な整備が完全に整っていないこともあり、昨今では悪徳会社がどんどん増えている傾向にあります。
ファクタリング会社を装った悪徳会社は、資金繰りに困っている経営者に甘い罠で騙そうとしたり、破格の手数料で契約をさせる等の違法行為を行っています。
このような悪徳会社に引っかからないためには、ファクタリング会社の口コミを確認することや、事務所の住所がきちんと存在しているかどうかを見ることが重要です。

以上がファクタリングを利用する際の注意点です。ファクタリングは良い部分ばかりではありません。リスクもあるので利用の際はリスクヘッジが必要です。

正しい知識をもって有効なファクタリングを


ファクタリングは迅速な資金化が可能であり、企業にとっての負担が少ない資金調達手段と言えます。
リスクも存在しますがメリットも大きく、また、リスクは事前の対応で避けることも可能です。
利用目的に合わせた資金調達で、ファクタリングを有効に検討してください。