相次ぐ詐欺被害!ファクタリングに返済・利息は発生しない

キャッシュフローを円滑に進める為に利用するファクタリング。
同時に増えているのがファクタリング詐欺です。
経営に弾みを付ける為の行動が、逆に経営を圧迫しては元も子もありません。
ファクタリング詐欺が横行している理由や見破り方、対策法を知っているだけで悪徳業者から身を守れます。

詐欺業者の目的は、異常に高い手数料や意味不明な追加料金など、利用者を助けるどころか破滅に導きます。
今後法改正などにより売掛債権の扱いが変化するのに伴い、詐欺業者の手口も巧妙化しつつあります。
相次ぐファクタリング詐欺被害から大切な売掛金を守るのは経営者の役目なのです。

ファクタリング詐欺が横行する原因は立ち位置の問題

ファクタリング詐欺が横行する原因は立ち位置の問題

売掛債権を取引先の決済前に現金化するファクタリングは、潤滑なキャッシュフローにはとても便利なサービスです。

基本的にファクタリング業者とは売掛債権を買取り、管理や利用者に対し前払いをする業者の事を指します。
ファクタリングは貸金業ではありません。
金融庁への登録も不要で、利息制限法や貸金業法、出資法に抵触しないサービスになります。

現時点では、ファクタリング業者に対して法的に規制をかける機関は存在しないのです。
規制がないので、結局自由に参入し、手数料なども自分勝手に決められます。
このあやふやな状態が、金の臭いに敏感な悪徳業者に知れ渡り、結果として詐欺が増えた原因とも考えられます。

詐欺にあう典型はファクタリングの認識不足が大半

詐欺に遭う人にはいくつかの共通した原因があります。
それは、ファクタリング詐欺に遭う人の大半が、ファクタリングをあまりよく分かっていない傾向にある為です。

運転資金が枯渇している状態など、一刻も早くキャッシュフローを手に入れたい一心で、突発的に利用している人が詐欺に引っかかり易いのです。
その結果、高すぎる手数料や違法な利息などを支払ってしまい、気付けば更に資金が枯渇し、どうにもならない状態になってしまいます。

最悪数ヶ月間も取引をしてしまい、詐欺に遭っている事に気付くのが遅れてしまうのです。

気恥ずかしさから会社内で自己解決しようと考える

ファクタリングは、企業と消費者(BtoC)の取引ではなく、企業と企業(BtoB)の取引です。
詐欺被害に遭っていても、世間の目や取引先への暴露を恐れ、詐欺被害が深刻化してから表面化するパターンが多い傾向にあります。

顧問弁護士が居る場合なら良いですが、居ない場合は運転資金の底が尽きる前に外部へ相談する勇気が必要となってきます。

ファクタリング詐欺で逮捕例も数多い

ファクタリング詐欺で報道されている多くの場合は、貸金業違反や利息制限法などで報道されるパターンが多くあります。

売掛債権の買い取りを装い、中小企業の経営者らを相手にヤミ金融を営んだなどとして、千葉県警は25日、貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の疑いで東京都豊島区のコンサルタント会社経営者(50)や実質的責任者(50)ら男11人を逮捕した。

県警生活経済課によると、容疑者らは、売掛債権を早期に現金化することで資金調達ができる「ファクタリング」のサービス業者を装い、中小企業にファクスで広告を送信して勧誘。実際には売掛債権を買い取らず、担保にして高金利の貸し付けを行っていたとみられる。同課は認否を明らかにしていない。

引用:「中小企業にヤミ金営業、売掛債権買取装う 30都道府県の7千人超被害か 経営者ら11人逮捕」千葉日報

一例を見てみると、ファクタリング業者を装ったヤミ金業者が逮捕されています。
ファクタリングを装う事で高金利に気付かれにくく、更には売掛債権を担保にする事で荒稼ぎをしていた実態が浮彫にされています。
また、個人情報が流出し、2次被害も懸念されます。

しかし、ファクタリング自体は違法性の無い金融取引です。
利用者の債権売買についての認識が曖昧な今だからこそ、悪質な業者が横行している実態があります。

ファクタリングは債券取引の商取引という事を理解する

ファクタリングは債券取引の商取引という事を理解する

ファクタリング業者は売掛債権を買取り、買取った債権をファクタリング会社が自ら管理・利用者に対し前払いするのを生業としている業者です。

詐欺の多くはこの管理・前払いを行わず【金利をつけて貸し付ける】手法取っているのが特徴の1つです。
悪質な物となると、利用者の弱みに漬けこんで、違法な利息を取り続ける業者も存在しています。

ファクタリング業者は、顧客の売掛債権を買い付けるのですから、相応のリスクは存在しています。
その為、調査に時間がかかるなどすぐには現金化できないのが一般的です。
信頼の置けるファクタリング業者は、しっかりと審査をしてきちんと説明が出来る業者の事を指します。

早く現金化したいと焦って、自分に都合の良い事が並び過ぎているなら、一呼吸おいて業者をチェックする気構えが大切です。

「まだ新しい制度だから」に惑わされない知識を身に付ける

ファクタリングは、ここ数年日本でも盛んになってきた言葉です。
新しい制度に対して多くの人は、あまり深く知ろうとは思いません。
ですが、売掛債権はお金だけの売買ではなく、自分の会社と取引先との信用も審査の対象となります。

大切な信頼関係を業者に晒すのですから、知らないよりは知っている方が何かと得なのです。
悪徳業者のいう通りのメリットばかりを鵜呑みにすると、隠れた大きなデメリットに気付かずに損をしてしまいます。
ファクタリング詐欺によくあるポイントを見ていきます。

ファクタリング詐欺の可能性がある怪しい10のポイント

ファクタリング詐欺の可能性がある10のポイントとその対処方をまとめました。

集客方法

FAXやメールのみの集客はあまりお金がかからないので、怪しいポイントです。
ファクタリング詐欺の場合、公開されている会社の電話番号へランダムにFAXをし営業をかけてきます。
FAXの場合はそのまま放置か専門機関へ健全な業者なのかを調査できます。

ですが、自身でホームページを頼りに問いあわせをした場合、詐欺被害を未然に防げるかは未知数です。
ホームページの場合は、会社概要などを精査して信頼の置ける業者かどうかを確認する必要があります。

電話番号

今も昔も固定電話は、住所のある場所に設置しているという証にもなります。
ただし、普段の連絡が携帯電話だけとなるとダミーの可能性もあるので注意が必要です。

問いあわせの電話番号や、申し込みの連絡先が携帯電話なら、早々に違う業者を選んだ方が無難です。

面談場所

一般的にファクタリングを申し込むと、面談にて契約や説明などが行われます。
多くがファクタリング会社内で行われますが、怪しい業者は喫茶店など会社以外で面談を望みます。
もしくは最初から対面が省略されている業者もあります。

理由としては

  • 事務所が存在していない
  • レンタルオフィス
  • 顔を見られるのを避けている

3つの要因が考えられます。

ファクタリング会社を選ぶ際は、住所を一度Googleマップに入れて確認すると安心です。

見積不備

一般の企業なら、見積はきちんと作成出来て当たりまえです。
ですが、悪徳業者は見積に対して細かく説明が出来ません。

その理由として、

  • 改ざんする予定がある
  • 細かく聞かれると困る事がある
  • 説明するだけの知識を持っていない

見積の時点で疑問があるなら納得できるまでしつこいくらい解説を求めるのも良い方法です。

実績が低い

どのような業種の企業でも、実績が低い所に依頼をするなら身構える姿勢が大切です。
新参者の業者よりは、ある程度実績のある業者の方が信頼が置けるのはいうまでもありません。

契約が早過ぎる/控えをくれない

売掛債権の取引は売買契約です。
口約束でさっさと契約をするという事はまさに怪しさの極み。

デリケートな売掛先への情報も含まれる為、契約書はあって当然です。
契約書は一字一句確認する事はもちろんの事、契約書の控えはその場で受け取ってください。
紙に残す事によって、証拠にもなる契約書。
見積時と違う事が書いていないかを確認し、しっかりと保存しておく事が重要です。

入金名義がおかしい

金銭のやりとりの中で、入金時の名義を確認する事も重要です。
見積時に、入金の名義を知る事で悪徳かどうかのチェックができます。
すぐに教えてくれない場合は疑う事を考えてください。

悪徳業者の場合、会社名義の口座が作れないなどの理由により個人名義の場合があります。
聞いた事も無い銀行の名義や、ネットバンクの場合は注意が必要です。
口座で信用度を計るなら、メガバンクの銀行が最上位となり、企業を信頼できるポイントとなります。

手数料が法外(一般的には1%~30%くらいの幅2社間:10%~30%程度)

ファクタリングの手数料についてはどの法律にも規制はありません。ですが、おおよその相場は存在しています。
3社間ファクタリングで数%~30%、2社間ファクタリングで10%~30%が目安とされています。
手数料は利用者からするとムダ金です。
そして経営を圧迫する原因になりえる部分です。

しかし、自由に設定できる手数料という事は、交渉の余地がある部分といえます。
相談時に、今後手数料の交渉は可能なのかを聞いておくと良いです。

契約書には無い追加料金

入金時に契約書にはない追加料金が加算されている場合、悪徳業者と疑ってください。
経営者にとって、本来であれば高い手数料でさえ払いたくないのが心情です。
契約書通りにならず、もっともらしい文言を並べて請求が課された場合、弁護士や専門機関に相談する方法が効果的です。

関係のない融資などの話をもちかけてくる

ファクタリングを利用する為の相談なのに、債権売買以外の話(融資など)を持ちかけてくる場合も悪徳業者の可能性があります。
融資はファクタリングとは全く別。
融資は金融庁に届出が必要です。

届出がない業者はヤミ金なので、早々に縁を切るのが先決といえます。

手数料に消費税を乗せてくる
ファクタリングの手数料は金銭債権の譲渡となり、通常消費税はかかりません。
見積を見て消費税が乗せられているならば消費税法違反となります。
優良な業者ならば当たり前に知っている事なので、悪徳業者を見分けるポイントとなります。

ファクタリングを賢く使いたいなら良く調べるクセをつける

ファクタリングは、売掛金を取引先の決済前に現金化し、経営を円滑にする為の新しいサービスです。
使い様によっては経営をより健全化します。

横行している詐欺に怯えファクタリングを控えるのではなく、良く調べるクセをつけ、しっかり利用するのが賢い考えといえます。
近年、クリーンなファクタリング業者には、悪徳業者とは違う特徴を持っています。

日本ファクタリング協会所属している法人である

日本ファクタリング協会は、まだ法規制がされていないファクタリング業界を自主規制の視点から健全化しようと活動している協会です。

協会に所属しているファクタリング業者は、利用者に健全な企業として登録しているという会員証を提示できるようになります。

仮に登録商標を無断で使用した場合、厳しい処置が下されるなど厳しい処分が課せられます。

  • ファクタリングに関しての知識の公開
  • ファクタリング業者の登録検索
  • 登録業者への会員証
  • ファクタリングについての相談窓口

その他にもファクタリングを利用する人、業者にも安心の機関です。

顧問弁護士が存在している

ファクタリングの業界は、法整備が発展途上の為トラブルが絶えません。
その為、きちんと弁護士を雇っているファクタリング業者は健全といえます。

ファクタリングはビジネスを大きく伸ばす原動力になる

賢い経営者は、いつも新鮮な情報でビジネスをコントロールしているものです。

ファクタリングは、ビジネスを動かす原動力になるべくして生まれた新たなサービスであり、まだまだ改良の余地が十分にあるため、詐欺を働く悪徳業者に付け狙われてしまう危険性があります。
少しでも怪しいと感じたなら、専門機関や弁護士などに相談すると詐欺を未然に防げます。
安全にファクタリング取引で事業資金の確保を行ってください。

振り込め詐欺は今や認知され、大抵の人は対処法を知っています。
ファクタリング詐欺も同じように、対処法を知っていれば怖くはありません。
新しいサービスを上手く使いこなせばビジネスをより成長させられるはずです。