ファクタリングにおける成功例【飲食業】

飲食業は競争率が非常に激しい職種として知られています。
そして、多くの飲食店が資金ショートに悩みを抱えているという事実もあります。

そういった課題がある飲食業で、近年注目されている資金調達手段がファクタリングです。
この記事では、ファクタリングが行われている理由と、実際に利用した成功事例をご紹介していきます。

飲食業でファクタリングが必要になる背景


飲食業はお客さんに食事を提供し、その対価としてお金をお客さんから受け取ることによって商売が成立しています。
現金での支払いのみであれば、すぐに現金が入るので資金ショートの心配はあまりありません。
しかし、クレジットカードでの支払いが多い場合は、注意が必要になります。

クレジットカード払いのケースでは、お店はカード会社に債権を持つということになりますが、その支払いは基本的に翌月末とタイミングが遅くなります。

クレジットカード払いの場合、資金として現金は入らずに、クレジットカード会社に対する債権を貯めていることになります。
従って、クレジットカードで支払われた売上分は、基本的に翌月末の収入となってしまいます。

給料は人件費などの費用は毎月かかってきますが、クレジットカード会社からの支払いタイミングは1ヵ月後です。
もしここで大きな出費が出てしまった場合は、資金が不足してしまう可能性が出てきます。
更に、資金ショートをしている時は、銀行からの融資を申請しても審査に通るのは難しくなります。

このような背景により、飲食業では早急な資金調達ができる手段が有効になっています。
その結果、ファクタリングが選ばれるケースが増えてきているのです。

飲食業でのファクタリングを利用した成功事例


個人事業主としてお店を始めた飲食店がありました。
元手はかなり少なかったものの、どうにかお店を開店させることができました。

しかしオープンしてからお客さんの数は日によって幅があり、収益を安定して計算することが難しい状況でした。
そうなるとこの先の運営資金の計算も難しくなり、余分な仕入れをしてしまうことが続いていました。
仕入れの原材料として費用は発生しますが、その日に原材料を使い切れないことがあると大きなロスが発生していました。
そうした不安定な状態が続き、徐々に資金が少なくなると、毎日の資金繰りにも苦しむようになっていきました。

そこで助けを求めたのがファクタリングです。
飲食業はクレジットカード債権でも申請を出すことが可能であり、更にクレジットカード債権は信用力が高いことから、一般的なファクタリングよりも手数料が少ない形で資金調達をすることができました。

資金繰り計画が改善されたことにより、仕入れや売上予測も今までよりスムーズに運営することができるようになりました。

飲食業経営成功のカギは【現金資本】の確保の安定化


飲食業でも資金繰りを潤滑に行うことがとても重要です。
ファクタリングを利用することは非常に有効な資金調達手段と言えます。
そして、ファクタリングを行う際に材料となるものが「クレジットカード債権」です。

クレジットカード債権は、通常の売掛債権よりもかなり与信が高い債権です。
緊急で現金が必要となった場面では、飲食業にとって貴重なファクタリング材料となります。