飲食業がファクタリングをする理由とメリット

飲食業は非常に競争率の高い業種として知られています。
お客さんがたくさん入っているお店でも、なぜ資金ショートが起こってしまうのでしょうか。
今回は、飲食業でファクタリングが必要になる理由と、ファクタリングを利用するメリットについて紹介していきます。

飲食業で資金繰りが必要な理由


飲食業は混雑しているお店も多く、その場ですぐにお客さんが対価を支払ってくれるので、資金が足らなくなるイメージはあまり無いかもしれません。
しかし、飲食業は数ある業種の中でも、倒産が多い業種です。

倒産は赤字の状態により起きるのではなく、支払わなくてはいけない費用を支払えなくなった時に起こります。
飲食業では、食事を提供するために仕入れる食材代や、スタッフの給料、家賃などがかかってきます。更に、食事に使う際の食器や箸など、消耗品にあたるコストも発生します。
このように、飲食業はお客さんに食事を提供する前に、多くの支払いが必要になります。

つまり、運営する費用が高い飲食業では、資金調達が少しでも遅れてしまうと倒産のリスクが増えていくのです。
こういった理由により、飲食業の倒産は多くなります。

更にここで、もう一つネックになる部分が出てきます。
それは、お客さんのクレジットカード払いが多い店舗の場合です。

お客さんがクレジットカードで支払いをすると、お店はカード会社に債権を持つことになりますが、その支払いは基本的に翌月末になります。
そのため、どんなにその月の売り上げがあったとしても、クレジットカード払いが多かった場合は、現金としてお店に入ってくるのが翌月になってしまうのです。

こういった理由から、飲食業で資金繰りが一時的にショートしてしまうケースは十分に考えられるのです。
そして、不測の事態を回避するために、すぐに資金調達が可能なファクタリングが利用されています。

飲食業でファクタリングを取り入れるメリット

ファクタリングで健全な事業展開になる理由3つのメリット
情報化社会となった昨今では、飲食店にもお店の流行り廃りが多く起こっています。
変化が激しい中では時代に付いていく資金が必要ですが、クレジットカード債権が多いお店では対応しきれないケースもあります。

そこでファクタリングを利用すれば、必要な分だけを資金にできるメリットがあります。
資金繰りができれば2号店をオープンさせる計画が立ったり、より多くのお客さんを対応できるようにスタッフの数を増やすこともできます。

ファクタリングを行う際、クレジットカード債権であれば債務者はクレジットカード会社なります。
そのため、ファクタリングの審査もあまり厳しくならないというメリットもあります。

飲食業は、他の業界と比べると売掛金のような金銭債権がないことから、ファクタリングができないと思われているケースもあります。
しかし、売掛金や受取手形などと同様、クレジットカード債権も立派な金銭債権の1つです。
クレジットカード債権が多い飲食店でもスピーディに資金調達ができるのは、とても大きな利点になります。

このように、飲食業では事業特性による資金繰りの難しさがあります。
しかし、ファクタリングを活用することにより解決できる点も多くいので、資金調達の際は有効な選択肢と言えます。

ファクタリングの利用で飲食業はクレジットカード債権を早期現金化!

メリットをフル活用して効率的な資金調達をしよう
現金資本が多ければ、様々な事業展開の方法が可能となります。クレジットカード決済で食事を済ませるお客様が多い月の場合、翌月に現金化されずに2ヶ月先まで現金化できないと言う事態に見舞われることもあります。

ファクタリングにより確実な現金収入を確保し、事業の可能性を広げてみましょう。