ファクタリングにおける成功例【小売業】

個人への販売がメインになる小売業は、販売した商品、または提供したサービスの対価は基本的にその場で受け取ることが可能です。
よって、他の職種に比べて運転資金に困るということはそれほど多くはありません。

しかし、そのような小売業でも近年注目され始めているのがファクタリングです。
この記事では、ファクタリングが検討されている理由と、実際にファクタリングを利用した成功例をご紹介していきます。

小売業でファクタリングが必要になる背景


他の職種に比べて運転資金に困ることが多くない小売業ですが、赤字や過剰在庫になった場合は、資金がショートしてしまう可能性があります。
そもそも、「小売り」という意味は、消費者に向けた単位製品に対し、小分けにして販売をするという意味になります。

小売業の販売相手は個人のみなので、売上は顧客数と単価を掛けた数値によって計算されます。
つまり、小売業において重要なのは、「顧客に対してどれくらいの商品をいくらの値段で販売したか」が焦点になります。

また、書品は在庫として抱えていると、盗難や破損などにより価値は減少してしまうことがあります。
販売価格が仕入価格よりも安くなってしまい、利益が出ない状態で結果的に赤字になってしまうこともあります。

在庫は売り上げを作り出す大事な存在です。
また、資金の滞留という一面も持ち合わせています。

しかし、お金も使うと初めて価値が出るように、在庫も販売して初めて利益となります。
在庫過剰や赤字が続くと資金繰りが悪化し、仕入れに必要な費用が払えなくなる可能性が出てきます。
このような背景により、小売業でも資金調達の手段は重要となるので、ファクタリングが近年では多く検討されてきているのです。

小売業でのファクタリングを利用した成功事例


今まで赤字が出ることはスポットであっても、卒業式シーズンなどの需要から資金繰りは安定していた呉服レンタルの小売業がありました。
しかし、他社との競争が激しくなってきれことなどの理由から、新しく事業を広げたいと考えていましたが、その為に投資をする資金はありませんでした。

しかし、ファクタリングは経済状況が厳しい時でも、打開策の手段として利用することが可能です。
ファクタリングでは在庫で残っている呉服の買取、もしくは、売掛債権の譲渡どちらかを選択することが可能で、この場合は売掛金を譲渡する方を選択し、資金調達を行いました。
これによって資金調達が実現となり、新規事業に投資をすることができるようになって、安定した経営を続けることができた会社がありました。

このように、小売業でも赤字や在庫の問題から資金繰りが困難になるケースが発生します。
しかし、ファクタリングを利用することによって解決できる面もあることから、小売業でもファクタリングは有効な資金調達の方法ということが言えます。

ファクタリングのタイミングを間違えずに小売業を成功させよう


ファクタリングを利用することで、最短だと即日の着金も可能です。
しかし、タイミングの判断を誤ってしまうと、手数料を余分に支払わなければならないことも出てきます。
目的をどこにするのかをしっかりと把握し、ベストな選択になるような資金調達方法をおすすめします。