個人事業主にも使いやすい小口ファクタリングを利用しよう

大企業であっても、売掛債権が現金化できるまでは苦しい時期が存在します。ファクタリングの歴史は古く、多くの企業の危機的状況を救ってきました。

しかし、ファクタリングを必要としているのは大企業ばかりではありません。むしろ、中小・零細企業の方がファクタイングを本当の意味で必要としています。
ですが、100万円以下の小口債権に対してのファクタリングを行う銀行は、サービス発足当初はありませんでした。

今では多くのファクタリング会社が存在し、その種類も複数存在しています。

小口ファクタリングに必要な対応

ファクタリング会社に求められる小口取引についての対応は、より細かな要望に応えてくれるという柔軟な対応になります。
そして、それに伴う利用者の対応は、できる限り詳細な情報をファクタリング会社に伝えて、素早い対応ができる準備をするということになります。

早期対応のための準備

ファクタリングを早期遂行してもらうためには、必要書類や支払い根拠を示さなければなりません。ファクタリングにかける予定の売掛債権に関わる情報を、できる限り細かく提示しましょう。

売掛債権

売掛債権はファクタリングに絶対に必要な【商材】です。これがなければ売買ファクタリングは成立しません。

事業契約受注書

取引先からの依頼に対する発注書や、やりとりを記録されている証明ができると、ファクタリングは手際よく進んでいきます。

取引先の情報の詳細

取引先の正式な企業名、所在住所、連絡先を提示することで、ファクタリング会社の方で取引先の調査を行います。銀行でのファクタリングでは、この調査機関に数日かかる場合もあります。

取引先へのファクタリング利用通知

ファクタリングをより早く遂行するためには、2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングを利用することをおすすめします。取引先自身がファクタリングのテーブルにつくことで、ファクタリング会社の調査時間を短縮させることができます。これは、銀行でのファクタリングでも同じことが言えます。

取引先からの同意と合意

3社間ファクタリングを成功させるために最も重要な項目になります。
ファクタリングによって利用者が事前に現金を手にすることへの合意がなければ、3社間ファクタリングは成立しません。ファクタリングは、取引先が支払い期日を守ることが前提となる契約になるため、取引先にも事業者としての覚悟が問われる契約なのです。そのため、まずは取引先からの【合意】が必要になります。

さらに、ファクタリング会社を交えた本契約の際、実際にこの取引に対する【同意】がなければ、契約自体が完了しなくなってしまいます。

事前準備が小口ファクタリングをより身近にしてくれる

小口ファクタリングは、事前準備の充実がスピード契約のカギになります。
大企業のような大きな金額の売掛債権でない場合、銀行としても利益率の悪さから前向きな取引は望めません。

しかし、今は多くのファクタリング会社が存在するため、個人事業主が小口のファクタリングを持ちかけても対応してくれるところは必ずあります。
しっかりと準備をした上で、ファクタリングで資金調達に臨んでください。