小売業がファクタリングをする理由とメリット

小売業は一般の消費者を対象に、物の販売、またはサービスの提供を行う職種として浸透しています。
個人への販売がメインになる小売業においては、掛売りがほとんど無く、販売した商品や提供したサービスの対価は、基本的にその場で受け取ることが普通です。

よって、他の業種と比べると、資金繰りに悩まされることは多くないと考えられます。
しかし、そのような小売業でも近年ファクタリングが多く利用されています。
この記事では、ファクタリングが求められている理由と、ファクタリングを利用することで発生するメリットについて紹介していきます。

小売業で資金繰りが必要な理由


小売業を営む中小企業は多く存在し、一つ一つの商品は価格が少額なので、売掛金のリスクもそれほど大きくありません。
しかし、小売業でもファクタリングが多く活用されている理由はどんなことがあるのでしょうか。
それは、小売業の場合、赤字や在庫の影響が直接的な資金繰りにそのまま直結するという理由が挙げられます。

小売業で取り扱われる商品は、基本的に単価が低く、消費者に大量販売する必要があることから、その分在庫は大量にを抱えておかなければいけません。
在庫が増えれば増えるほど、管理する人件費や土地も増えていきます。

しかも、消費者のニーズは時代の変化によって増減が大きく、もし売れた場合でも消費者一人あたりから得られる利益は大きくないという背景があります。
このような理由から、小売業でも資金不足が起きてしまう場合があります。
そして、資金繰りの改善を図るために、近年ではファクタリングが利用されています。

飲食業でファクタリングを取り入れるメリット


小売業は、在庫を多く抱えてしまうと資金ショートのリスクが高くなる業種です。
次に商品が入ってくるのはいつで、どの程度商品が売れそうなのかを予測するのは難しいと言えます。
そこで、ファクタリングが資金調達に役立ちますが、ファクタリングに使う売掛債権が無い場合でも、打開策があります。

例えばファクタリングの売掛債権がない小売業者は、最終消費者に商品を販売する電気店や家具屋などが挙げられます。
これらの職種では、大口の法人と取引がない限り、基本的には売掛債権を所有していることは考えられません。

しかし、大量の在庫が余っているという部分に、メリットを生み出す秘密があります。
このような場合、ファクタリング会社と契約をすれば余っている在庫を譲渡するということが可能です。
ファクタリング会社にこのような在庫を譲渡すれば、不良在庫を会社から無くすことが可能になり、そこの管理にかかっていた費用を節約することができます。

このように、小売業は消費者から直接現金を手に入れることができる分、資金繰りが悪化しにくい職種と言えます。
しかし、赤字が続き、財政状態が悪くなっていたり、不良な在庫を抱え続けることがあれば、将来的に資金繰りが悪くなってしまいます。
このような問題をファクタリングが解決してくれる面もあるので、小売業にとってもファクタリングは有効な検討手段であるということが言えます。

小売業の在庫・管理・処分コストにもファクタリングが有効


事業継続する上で、ランニングコストとなる部分には現金資本が必要になります。
売掛金利益だけでは、どうしても円滑なキャッシュフローを生むことは難しくなります。

ファクタリングを利用するタイミングをよく見定め、最も賢い資金調達を行うことをおすすめします。