審査でリスクになる注意点とスピード対応できる優良会社の選び方

ファクタリングは銀行融資よりも比較的審査が甘いという特徴があります。
しかし、そのような状況につけ込んでファクタリング会社を悪用しようとしている業者も存在します。

また、ファクタリングをするにあたっては、逆に企業側が優良ファクタリング会社であるかどうかを見抜く必要もあります。
今回は、悪徳のファクタリング会社と思われないための注意点と、速やかにファクタリングを利用する必要がある際に、優良会社を見抜く項目を解説していきます。

売掛金買取で注意すべき2つの対応

” rel=”nofollow”>
まずは、ファクタリング会社自体が悪徳企業であると勘違いされないように、注意しておきたい部分を2点をご紹介します。

二重譲渡

ファクタリング会社に売掛金を渡す場合、二重譲渡をしていないかに気を付けなければいけません。
この二重譲渡とは、売掛債権を複数のファクタリング業者に譲渡することです。
先にAというファクタリング会社に売掛債権を譲渡したあと、Bというファクタリング会社に同じ債権を譲渡契約してしまえば、AとBの2社からの資金調達ができてしまいます。
これはれっきとした契約違反であり、ひいては詐欺行為にも該当します。
ファクタリング会社はそのような事態にならないよう、二重譲渡には注意を払っているので、契約する際は二重譲渡にならないように注意して審査に臨む必要があります。

虚偽の申告

調達資金を少しでも増やす目的で取引先の情報を操作し、虚偽の申告をするというケースが増えています。
実在しない取引先の売掛金を存在させようとしたり、取引先の規模を偽って大きく見せても、ファクタリング会社が行う審査の時間が長くなるだけです。
速やかに資金調達をしたいのであれば、小細工はせずに正直な書類内容を提出することが重要と言えます。

迅速な対応をしてもらえる優良会社の選び方

” rel=”nofollow”>2社間ファクタリングは天国or地獄?落とし穴を回避して効率的な資金調達をする方法
ファクタリング会社は小規模な企業も多く、利用に不安を持っている経営者も多いのではないでしょうか。
そこで、数あるファクタリング会社から、優良事業者を見分けるポイントをご紹介していきます。

問い合わせ方法が多様である

即日の審査や入金をしてもらうためには、早急に連絡を取る必要があります。
従って、問い合わせ方法一つではなく、複数用意されているファクタリング会社を選ぶことがポイントの一つです。
電話やメール、ホームページの問い合わせフォームなど、数種類の方法を用意している事業者を選ぶと、連絡がスムーズになります。

面談場所が選べる

ファクタリング会社は、経営者との面談によって、実在する会社なのか・経営者は信頼できる人物なのか等を審査の判断材料にしています。
面談場所が遠方になってしまうと、即日のファクタリング契約は難しくなるので、ファクタリング会社がアクセスのいい場所にあるか、出張契約ができるかどうかも大事になってきます。

2社間ファクタリングが選べる

迅速なファクタリング契約をするためには、3社間ファクタリングではなく、2社間ファクタリングのサービスを受ける必要があります。
よって、実績があるファクタリング会社の中で、2社間ファクタリングを提供している会社を探すことが、即日ファクタリングにとって重要と言えます。

どんな状況でもしっかりと選ぶ目を

” rel=”nofollow”>
ファクタリングではどのような条件でも即日で資金調達できるとは限りませんが、銀行の融資と比較すると非常に早くに資金調達をすることができます。
しかし、現実には悪徳ファクタリング企業も存在するため、ファクタリング会社としても審査をする際は注意を払っています。
ファクタリングを検討する際は上記のような注意点を意識し、よりスピーディーに対応してもらえるよう準備をする必要があります。