ファクタリングは信用情報を傷つけない資金調達方法です。信用情報はその人や企業が金融サービスを利用してどのような行動を取ったか記載するもので、信用情報がしっかりしていると借入などに有利な状況を作れます。一方で悪い情報が多数掲載されていると、銀行や消費者金融の借入は不可能になってしまいます。

信用情報が悪くなる借入を実施すると、資金繰りの問題が起こりやすくなります。なるべく信用情報を悪くしない借入方法をしっかり検討し、利用していくべきでしょう。ファクタリングは信用情報に何も影響しないため、信用情報が悪くて借りられない個人でも利用できるのです。

信用情報は借入の契約や支払い状況などを掲載するもの

信用情報は借入時に契約している状況や支払いの状態、更には現時点で残っている利用残高などをまとめたものです。信用情報は金融機関や消費者金融などに確認されており、借入審査の際に用いられています。確認した情報の中に問題がなく、返済がしっかりできていると判断されれば、融資を受けられるのです。

主に個人向けに信用情報をまとめている機関が存在し、その機関が様々な場所から得られた情報を1つにまとめています。金融機関や消費者金融は、提供されている情報を確認し、借入ができるか検討しています。もし信用できる情報だけが残されていれば、収入等の問題が多少あったとしても借りられる場合が高くなります。

しかし、信用情報に悪い情報が多数掲載されていると、借入はできないと判断されて審査に落とされてしまいます。信用情報にはいい情報ばかりではなく、悪い情報もたくさん掲載されています。特に返済できていない情報に関しては細かく記述されているため、多少の返済遅延でさえ信用情報に履歴が残されてしまうのです。

信用情報は一定期間が経過すると削除されます。悪い情報も一定期間が経過すると削除されますが、借入に厳しいと思われる情報についてはかなり長い期間残されてしまいます。一番長く残されるのは債務整理に関連するもので、信用情報機関によっては10年近くも情報が残されてしまい、借入に重大な影響を及ぼします。

信用情報で記載される悪い情報とは

信用情報には悪い情報が残されていると審査に落とされてしまいます。しかし、悪い情報として扱われるものを知らないと、知らないうちに悪い行動を取ってしまい、信用情報が悪化するのです。ここからは悪い情報に該当するものをいくつか紹介します。

信用情報に記載される悪い情報:借入の返済遅延

まずは借入の返済を遅延した、もしくは現時点で滞納している場合です。借入は示された期限までに返済するように求められますが、返済日を過ぎてもお金を返していなければ信用情報に履歴が残されます。当然ですが、遅延している期間も残されています。

多少の遅延でも信用情報に掲載されるため、返済遅延が1回でも発覚すると厳しい状況に置かれてしまいます。更に滞納している場合は延々と情報が更新されてしまい、何か月滞納しているかも記述されます。最終的に約定返済をしたタイミングで更新は止まりますが、再度返済遅延を起こすとまた情報が追加されてしまいます。

返済遅延は金融機関にとっては許されないことで、この記述を見るだけ審査に落とされてしまいます。また、信用情報から削除されるまでにかなりの時間が必要で、場合によっては2年近くも同じ情報の影響を受けて審査に落とされるのです。

信用情報に記載される悪い情報:借入の審査落ち

信用情報には金融機関や消費者金融の審査に落とされた情報も残されています。審査落ちというのは、ただ借入ができないと判断されるだけでなく、信用情報にも掲載されて信用を失う要因になります。審査落ちを繰り返している個人や業者は、これ以上信用できないと判断され、借入の審査を通過できません。

審査落ちは長く残される情報ではありませんが、同じ業者に対して審査落ちを繰り返しているとブラックリストに掲載される恐れもあります。ブラックリストに掲載されれば借入は絶望的となり、その業者を利用できなくなります。間違っても同じ業者から審査に落とされる状況は作らないほうがいいでしょう。

信用情報に記載される悪い情報:債務整理

債務整理は借金を減額する方法ですが、信用情報では最も悪い情報として扱われます。理由は金融機関にとって、借金を踏み倒される行為は大きな問題であり、貸した金額が返ってこなくなるのです。そこで債務整理に関連する情報は、信用情報でもかなり長期間悪い情報として残されます。

特に自己破産については長く掲載される場合があります。自己破産は最長で10年間も信用情報に掲載され、延々と借入ができなくなります。債務整理に関連する情報は、削除されるまでほぼ金融機関の借入が不可能となるため、1度でも使ってしまうと今後の借入は厳しくなるでしょう。

ファクタリングは信用情報に影響しない資金調達方法

借入と違う方法で資金調達をするファクタリングは、信用情報に影響せず資金調達が実施できます。その理由はファクタリングが借入ではなく、買取という方法を採用しているからです。ファクタリングは売掛債権を買い取ってもらう方法ですので、信用情報に影響する借入には該当しないのです。

信用情報機関は、金融機関等の借入情報は全て把握していますが、ファクタリングは全く把握していません。ファクタリングは買取サービスですので、借入として見なされません。借入以外の情報は基本的に対象としていない信用情報機関は、ファクタリングの情報は無視しています。

その結果、ファクタリングであれば信用情報の悪化が防げるほか、信用情報が悪い状態でも資金調達が可能です。ファクタリング業者は信用情報を見て判断していないので、信用情報が悪くても簡単に資金調達ができます。特に返済遅延等を起こしている会社にとって、信用情報を見られないで資金を作ってくれるのはいいところでしょう。

ファクタリングは信用情報に全く関係のない行為ですので、信用情報がかなり悪化している場合でも利用できます。同時にファクタリングをしたという事実は信用情報に掲載されず、悪いイメージを金融機関に与えません。信用情報に不安があると思っているなら、ファクタリングによる資金調達に切り替えるといいでしょう。

銀行のファクタリングは信用情報に影響しないが審査では利用される場合も

ファクタリングは金融機関ではないノンバンクの会社が実施する場合もあります。ノンバンクの会社は信用情報を見ていませんので、悪い情報が多数あっても利用できます。一方で銀行が提供している債権流動化の場合、審査で信用情報を利用される場合があります。

ただ、債権流動化を利用しても、信用情報には影響しません。債権流動化は借入ではないため、銀行も信用情報機関に何も情報を提示していないのです。更に、債権流動化で何らかのトラブルが起きた場合でも、信用情報は悪くなりません。銀行のサービスを利用しても、ファクタリングであれば信用情報に問題はないと考えてください。

ファクタリングは信用情報を悪くしない資金調達方法

金融機関の借入等は信用情報を悪くする可能性があるものの、ファクタリングなら信用情報は悪化しません。さらに信用情報を審査で利用されないノンバンクの会社であれば、ファクタリングを実施する際の審査にも影響しません。信用情報に問題がある人も、安心して資金調達ができるのです。

信用情報はいい状態に整えておかないと、将来的な資金調達に大きな影響を及ぼしてしまいます。なるべく信用情報を悪くしたくないと思っているなら、ファクタリングを中心とする資金調達を実施し、信用情報を改善させていきましょう。