中小企業が大手ファクタリング企業を利用しづらい理由とは?

何かのサービスを利用する時、ファクタリングに限らず大手の企業サービスには安心感があると思います。
しかしファクタリングを利用するにあたって、中小企業は大手のファクタリング業者を選択しづらいという現状があります。
今回は、個人事業主や中小企業が利用しやすいファクタリング会社について解説していきます。

大手銀行系会社は利用が難しい?

銀行系ファクタリング会社の特殊ファクタリングを上手に使う方法
ファクタリング会社をリサーチしていると、大手銀行系のファクタリング業者を発見することが多いと思います。
「大手の銀行系列会社だから信用できる」と、安心する方も多いと思いますが、大手銀行系会社が運営している、または子会社にあたるファクタリング業者は、個人事業主や中小企業は利用できる可能性がとても低い仕組みになっています。

利用可能額

例えば三菱UFJファクターの利用可能額は、最低金額が1億円からとなっています。
つまり、1億円以上の債権がそもそもなければ、審査の対象にならないというです。
従って、個人事業主や中小企業の経営者にはあまり向いていないサービスであるということが言えます。

調達時間

続いて、資金調達までにかかるスピード感にも懸念点があります。
通常、500万円までのファクタリングであれば、即日での資金調達も可能です。
しかし、大手銀行系会社が運営するのファクタリング業者の場合は、審査に2週間前後、長い場合は2ヶ月程度の長期期間を要するため、短時間での資金調達はできません。
個人事業主や中小企業の経営者がファクタリングを利用する時は、早急に資金が必要になった時のことが多く考えられます。
そのような際に数か月待つことはあまり現実的ではないと言えます。

サービス形態

また、ファクタリングのサービス形態も重要です。
大手銀行系ファクタリング会社の場合、利用できるサービスは基本的に3社間ファクタリングのみとなっています。
つまり、売掛先に知られずに債権の売却ができる2社間ファクタリングは利用することはできないということです。
このようなサービス形態から見ても、個人事業主や中小企業の経営者にはマッチする機会が少なそうです。

以上3点から鑑みて、中小企業や個人事業主は、大手銀行系のファクタリング会社とあまりマッチしないことが考えられます。
確かに、大手銀行系のファクタリング会社なら安心感は抜群ですが、そもそも小口を対象としていないという実態があります。

どのようなファクタリング業者がマッチするのか

2社間ファクタリングにおけるメリットを最大限に活かし事業を成功させる
それでは、中小企業や個人事業主はどのような種類のファクタリング業者が向いているのでしょうか。

中小企業や個人事業主が利用できるファクタリング会社は「独立系」と呼ばれています。
独立系はメガバンクや証券会社などではない完全独立型の会社で、大手企業には無い小口対応や2社間ファクタリングを行っていることからも、個人事業主や中小企業に推奨できる会社です。

また、大手銀行系と独立系の他に、ファクタリング業者の種類はノンバンク系の会社があります。
ノンバンク系の範疇にあるファクタリング会社は、簡単に言うと大手銀行系と独立系の中間部分の立ち位置の会社です。
これは例えば審査の厳しさや手数料、調達にかかる時間等のファクタリングサービスにあたっての基準が総じて銀行と独立系の中間点にあります。
従って、中小企業はこのノンバンク系の会社に依頼することも手段の一つと言えます。

会社の規模に合わせた選択を


それぞれ、会社の規模や状況によって利用シーンは異なります。
ファクタリングは即日で資金調達も可能で、更に借入にもならないというメリットがあります。
急な支払いに迫られた時にも、ファクタリングの活用は知っておきたい金策です。