2社間ファクタリングで個人事業主が生き残る術!使い方を考える

個人事業主にとって、売掛債権が現金化されるまでの間に多くの支払いが重なってしまう事はとても多く発生してしまう事案になります。常に同じ量の事業が動いている場合、流通している金額が一定しているため問題は起こりません。しかし、月ごとに取引量や取引先に変化が生じる場合、事業主の支払いにも変化が発生してしまうのです。

この事は、資金ショートに大きく関係してくる大変な問題です。事業運営していく上で、支払い金額と入金額で入金額が常に大きくなければスムーズに運営していくことができません。

2社間ファクタリングを最大限有効活用して、事業の安定化を図りましょう。

2社間ファクタリングで事業をスムーズに回転させる

2社間ファクタリングは、20〜30%の手数料が発生してしまいます。しかし、手数料は継続して同じファクタリング会社を利用し続けることで与信が改善されていき、徐々に引き下げることができるのです。

2社間ファクタリングを順調に利用し続けるためには、必ず売掛債権を発行できる状況になければなりません。事業実績が少なければ、ファクタリングを利用することすらできなくなります。

2社間ファクタリングの連用は危険

資金ショートを防げるファクタリングではありますが、連用することで本来の事業実績を得ることができなることを理解しておきましょう。
ファクタリングでは、手数料分が必ず損益となってのしかかります。最大で30%程度の損益が発生し、70%の利益しか手にできないのです。この損益は全て事業圧迫の原因となり、同時に事業主の生活を圧迫してしまう原因になります。

ファクタリングで資金調達はできるものの、売掛債権の増減で調達できる資金自体も変化があります。単純に資金調達できるメリットだけに目を向けてはいけません。

どのような利用方法がベストなファクタリング方法なのか

ファクタリングは、資金ショートの際に緊急的な資金調達方法として利用すべきであり、ファクタリングだけで全てを賄えるという代物ではありません。
しかし、一度ファクタリングで資金調達できてしまうと、安直に乱用・連用してしまいがちになります。これはとても機器的状況に陥る前兆になります。
ファクタリングは緊急処置であり、通常時は利用すべきではないc生きん調達方法だと再認識しましょう。

2社間ファクタリングの手数料の高さは、たとえ早期現金化できたとしても大きな損益を発生させてしまいます。事業の安定化ではなく、資金ショートの緊急回避方法として利用してください。