優良と悪徳どっち?ファクタリングで支払いを分割対応してくれる業者とは

ファクタリングでの資金調達に成功し、まとまった現金を得ることができたものの、その後の支払いが続いてまた資金繰りが苦しくなってしまうことは、どの業種でも少なからずあるのではないでしょうか。
そのような場合、分割返済が可能と提示してくるファクタリング会社は、果たして優良な会社なのでしょうか。
確かに資金繰りが困難な時に分割返済での対応ができるということであれば、親切なファクタリング会社だと思うかもしれません。
しかしこれは悪徳業者の常套手段なので、手を出さない注意が必要です。
今回は、悪徳業者が行う分割返済の手口や、その影響について解説していきます。

巧妙な口車に乗ってしまうと取り返しのつかないことに


本当に困っている中小企業や個人事業主を助けてくれる正規のファクタリング業者が存在している中、まだ法的な整備が完全に整っていないファクタリング業界につけ込んで、法外な手数料を得ようとする悪徳業者も残念ながら存在します。
もし悪徳業者のサービスを受けてしまうと、資金を調達するという目的を実現できないだけでなく、多額の費用を不当に請求されることとなり事業を継続できなくなってしまいます。

悪徳業者の誘いの手口

2社間ファクタリングの手数料相場は一般的に10~30%程度の間と言われていますが、悪徳業者は最初に5%前後という破格値ともいえる格安の手数料で誘ってきます。
しかし、2社間ファクタリングを行うにあたっての費用を考えると、5%前後の手数料で手続きを行うことはほぼできないと言えます。
従ってこの場合は、契約させることを最優先とした誘い文句であるとの認識が必要です。

審査後には手数料が積み増しに

さらに悪徳業者は正当な審査等は行わないので、30分や1時間程度の長短時価で検討した結果、審査に通過したような折り返し連絡を利用者に行います。
その際、もっともらしい理由にを付けて、手数料が上がるという内容を伝える手段が多く見られます。
この段階で、結果的に20~30%程度の手数料を提示された場合、勢いで契約してしまわないことが重要です。

契約段階には必要のない費用が発生

そしてそのまま契約段階まで発展してしまうと、今まで提示の無かった項目の費用を請求してくる手段があります。
例えばこれは、手付金や保証金など、正当なファクタリングではまず発生しないような費用項目です。
その結果、様々な面から手数料ばかりが引かれ、手元に振り込まれるのは元々予定していたよりも半分を下回る額だったというケースも少なくありません。

元金がいつまでも減らない


返済が困難な時、ファクタリング業者が悪徳な場合だと、分割での返済方法をを持ちかけられることがあります。
分割で対応してもらえればありがたいと感じるかもしれませんが、その時に発生する手数料も当然法外な金額です。
貸金業法で定められている法定金利を超えた額を請求されることになり、所謂これは貸金業のジャンプという行為にあたり、手数料がどんどん増えていって、いつになっても元金が減らないという最悪の状況に陥ってしまうことが考えられます。

常に冷静な判断を


こういった手口を行っているのは、内容に多少の誤差はあっても悪徳業者である可能性が高いと言えます。
ファクタリングは正しい業者を選ぶことができれば、有効的な資金調達を行うことが可能です。
条件や内容を事前にしっかりと確認し、悪徳業者を見極める目も必要です。