スタートアップ企業がファクタリングで資金調達をするメリット

スタートアップ企業にとって、解決しなければならない課題の一つが資金調達です。
開業して間もない企業は信用が充分でないことも多く、資金調達の面で苦労する会社が多くあります。

特に融資の場合は審査が下りないことがほとんどです。
もし借りることができたとしても、大きな額の資金調達は難しいと言えます。
そのような中、開業直後でもファクタリングであれば簡単に資金調達できる可能性があります。
この記事では、開業間もない企業がファクタリングを利用するメリットについて解説していきます。

スタートアップ企業がファクタリングを利用できる理由

” rel=”nofollow”>
そもそも、なぜスタートアップ企業であっても、ファクタリングの利用ができる可能性が高いのでしょうか。
それは、ファクタリングは融資ではないからということが理由に挙げられます。

ファクタリングは売掛金を売却して現金化するという調達法です。
売掛金を譲渡をするので、売掛先の信用さえあれば買い取ってもらえることが可能です。
それでは実際、スタートアップ企業にもどんなメリットがあるのかを一点ずつご紹介していきます。

負債にならない

まず1つ目は、ファクタリングでの資金調達は負債にならないということです。
ファクタリングは借入ではないので、売掛債権を売却することは負債になりません。
従って、会社の信用情報に響くことがないというメリットがあります。
特にスタートアップ企業には嬉しいメリットとなります。

担保や保証人不要

ファクタリングを導入するにあたって、担保や保証人は不要です。
そもそも借入ではないので不要なのですが、融資には基本的に担保や保証人がつきものです。
それらの条件が必要無く、資金の調達ができるのはファクタリングのメリットの1つと言えます。

資金化が早い

ファクタリングでは、実際に資金を手にできる早さもメリットの1つです。
融資の場合、長いと審査に2ヶ月程度の時間がかかることもありますが、ファクタリングは最短の場合即日で資金調達することが可能です。
そのため、ファクタリングを使えば緊急の資金調達案件にも対処することが可能です。
上手く活用することができれば、不安定な経営状況を解消することもできます。

比較的審査が易しい
融資と比べた際、審査が比較的易しいということもスタートアップ企業にありがたい点です。
それは、ファクタリングの審査対象がファクタリングを申請した企業ではなく、売掛先が対象になるためです。

審査のポイントは、債権買取の後、売掛先の会社が期日を守って入金することができるのかどうかです。それが問題ないと判断されれば審査に通る可能性は高くなります。
融資審査に通らなことはよくありますが、審査に通らないのであれば時間の無駄になります。その点、ファクタリングの審査の易しさと速やかさはメリットの1つと言えるでしょう。

オフバランス化が図れる

ファクタリングを利用することによっ、オフバランス化が図れることもメリットの一つです。
オフバランス化とは、貸借対照から資産を外す(オフ)することです。
資産を外すことで、総資産利益率と自己資本比率をより良く見せることができます。
これらの経営指標が良くなると融資審査に通りやすくなり、株価が上がるなどの効果が期待できます。

以上のような理由から、スタートアップ企業がファクタリングで資金調達をするメリットがあると考えられます。

スタートアップ企業にとってファクタリングは事業成功のカギになる


スタートアップ企業がファクタリングで資金調達をすることは十分にメリットがあると考えられます。事業開始時に必ずまとまった資金を準備できる方ばかりではありません。その際、銀行融資を受けマイナスからのスタートとなることが非常に多くなります。

スタート時点でマイナスである上に、返済月までにまとまった入金見込みが立たない場合、手元にある売掛債権が事業を回すための鍵となります。

ファクタリングを有効活用することを覚え、軌道に乗るまでの緊急対策を常に心掛けるようにしましょう。