ファクタリングはフリーランサーにも適応される資金調達方法

クラウドソーシングサービスが普及して、今まで専業主婦・主夫をしてきた層が手に色を持つようになってきました。
通常であれば、クラウドソーシングサイドに一時金を支払うことでプロジェクトが遂行されます。

しかし、中には直接契約することで売掛取引を持ちかける取引先も相当数存在するのです。

直接取引によって困ったことになったフリーランサーが生き延びるきっかけにもなれるのがファクタリングなのです。

なぜ直接取引を容認するのか

クラウドソーシング自体は、いきなり直接取引を行うことを禁止しています。
基本的にはないぶシステムによる連絡を取り、一時金を入金させ、サービス内で取引を完了させるように作られているのです。

しかし、これには抜け道があり、一時金が入金された後は他の連絡ツールでのやり取りが許されているのです。
つまり、初回取引時の一時金で発生する手数料以降は、お互いの合意の下直接取引が許されているということなのです。

フリーランサーが直接取引する理由

クラウドソーシングで報酬を受け取る際、フリーランサー側から手数料を差し引かれるシステムでした。
現在では、初回入金時にどちらが手数料を支払うかを取り決めてからの契約ができるようになったため、負担の行き先を選択できます。
ただし、どちらにしてもクラウドソーシングによる中抜きがあることから、フリーランサーは直接取引を望み、取引先も同様に直接取引に持ち込みたい意向があるのです。

フリーランサーがファクタリングできる理由

フリーランサーは【個人事業主】です。
そのため、取引先との間には業務委託契約が結ばれます。

契約内容によっては売掛債権ではない賃金携帯を結ぶ場合もありますが、直接契約を結ぶ場合は作業後の支払いを基本とする傾向が強く、原版を取引先が用意し、フリーランサーが承認した形で請求を立てるスタイルが主流になっています。
つまり、フリーランサーの報酬の授受は、受注者が請求書を取引先に提示し、作業報酬を支払うという【売掛債権方式】ということになるのです。

ファクタリングは売掛債権の売買ですので、フリーランサーといえども個人事業主として成立していればファクタリングで資金調達できるのです。

フリーランスが利用できるファクタリングとは?

ファクタリング詐欺が横行する原因は立ち位置の問題

本来のファクタリングは「利用者」「取引先」「ファクタリング会社」の3社間で行われる取引です。
また、利用者と取引先は法人でなければならない取引でした。
しかし、SOHOの発展により個人事業主が増え、細かい取引であってもファクタリングを頼る客層は法人よりも個人事業主にシフトしていった経緯があります。

ですが、3社間ファクタリングは法人でなければならないという限定条件があるため、個人事業主には利用できません。
唯一、個人事業主が利用できるのが2社間ファクタリングです。

手数料こそ割高ですが確実な現金化が可能で、しかも利用者とファクタリング会社のみで契約が完了できます。

フリーランサーでもファクタリングで危機を乗り越えられる

ファクタリングの本質は【売買契約】なので、融資のような取引後の料金発生がありません。
報酬の支払い期日まで待てない状況に直面した時、迷わずファクタリングできる準備を整えておきましょう。

個人事業主であっても、融資に頼らなければならないわけではありません。
少しでもリスクの少ない資金調達方法を取り入れることで、全てが自己責任で誰にも守られないフリーランサーに安心をもたらしましょう。