システム開発業でファクタリングが導入される理由とは

システム開発の業種は、案件が大きくなることに比例して、作業時間や外注費用の負担が大きくなっていきます。
それにあたり、外注費や従業員の人件費を賄うため、ファクタリングを利用するケースも増えてきています。
今回は、ファクタリングを利用することによって生じるメリットと、実際の導入例をご紹介していきます。

システム開発業でファクタリングを利用する背景


システム開発業はその事業の特性上、大きな案件になるほど元請けから2次請け・3次請けへと仕事が委託されるという「階層構造」になるケースが多く見られます。
一般的に、付加価値性の高い上流工程の部分を担当する業者の方が、下請け業者に比べて収益性が高くなる業界です。

逆に、下請けで仕事を受ける場合はと収益性は低くなり、事業資金繰りに困ることがしばしば発生し、経営の悪循環に繋がります。
このような背景から資金調達が必要になり、近年では特にファクタリングが活用されています。

ファクタリングが必要になる具体例

設備確保のために資金が必要

システム開発を行う場合には機の確保がマストになります。これは高性能なPCや、デスク等の物品が必須と言えます。
安い物で揃えることももちろん可能ですが、安価な道具では逆にパフォーマンスを下げてしまう可能性も大いにあります。

技術スタッフの募集や確保のため

システム開発を行うは、当然ですが開発者の人員が必要です。
どんなにハイスペックな環境や設備が整っていたとしても、それを十分に活かせる技術者がいなければ良い環境も無駄になっていまします。

優秀な技術者は引く手あまたで、どの企業でも欲しい人材であるため、確保するのは簡単なことではありません。
募集広告を出すにも費用が必要になるため、ファクタリングが検討されるケースが多くあります。

自社開発費を捻出するため

システム開発業は、依頼を受けて行われる案件の他に、自社で開発したサービスを運用するケースの2つの可能性が考えられます。
自社開発の場合は、そのシステムがどの程度の売上見込みを出せるのか、見通しを立てるのが難しいと言えます。
よって、銀行融資を申請した場合は、審査に通る可能性が低くなるという懸念点があります。

開業したばかりの資金調達

システム開発業は、分業によって個人などの小規模事業者でも運営をすることが可能です。
アウトソーシング化の普及も年々広がっており、独立開業するケースも多い業種であると言えます。
開業した初年度は銀行融資の審査が通りづらいという要因もあるため、資金調達方法としてファクタリングを検討される機会が多くなっています。

オフィスの保証金を確保したい

前述の通り、システム開発には多くの機材や設備が必要になります。
そのため、多くの企業ではオフィスを構えて業務を行っており、数人程度の小規模事業であっても、事務所が用意されています。
新規開業や移転等で新たにオフィスを契約する際にも保証金が必要になるため、このような場合でもファクタリングが利用されることがあります。

活用できるケースがとても多い

ファクタリングは条件付きで個人事業主も利用可!その条件とは何か?
このように、システム開発業では様々な理由からファクタリングの活用が検討されています。
どのような理由であっても、速やかに現金が手元に入るのは大きなメリットになります。
必要な額や期間等、目的をしっかり確認し、手数料もなどの注意点も確認したうえでファクタリングを検討することをおすすめします。