ファクタリングにおける成功例【人材派遣業】

近年では、人材派遣業にまつわる法律の整備が急速に進められています。
人材派遣業の事業者は資産額に制限がかけられることになる、その資産額が重要視されるようになりました。

こういった法の改正という背景もあり、人材派遣業でもいま注目されているのがファクタリングです。
この記事では、人材派遣業でファクタリングを活用することが重要な理由と、実際の成功事例をご紹介していきます。

人材派遣業では資金繰りが重要


そもそもこのような法律ができたのは、派遣労働者に対する賃金の未払い問題などがあり、労働者を守る為に見直されたという背景があります。
人材派遣業の事業者は、社内に一定の資産と現金を保持しておく必要がでてきたのです。

この条件を満たすための新しい基準については、基準資産額という判断数値が用いられています。
経営状態が悪くなるとこの基準を満たすことが出来ず、人材派遣の経営を続けていくことが困難になってしまいます。

事業所単位の財産的要件として、常時雇用にあたる派遣労働者が10人以下の中小事業主のケースだと、基準資産が1,000万円以上であることが明記されています。

更に、基準資産額は負債総額の7分の1以上と規定されています。
例えば、負債総額が7,000万円ある場合だと、1,000万円の資産を所有している必要があります。

また、事業資金として自己資金名義の現金・預金額が1,500万円以上あることも条件です。
このように、まとまった現金を保有していなければ、人材派遣業を運営することができないのです。

つまり、人材派遣業において資産額というのは、とても重要な意味を持っています。
特に現金預金は、派遣労働者の給与を確保する意味で、担保として用いられるため、会社の中に残しておかなければならないことが、法的のも定められています。

このような理由により、人材派遣事業者において資金繰りが非常に重要な要因になったのです。

そこで人材派遣でも注目されているのがファクタリングです。
ファクタリングはさほど厳しくない審査で早急に債権を現金化できることから、人材派遣業でもファクタリングを活用が増えています。

人材派遣業でのファクタリングを利用した成功事例


専門職に特化したベテラン人材を派遣している人材派遣業がありました。
専門職の人材は手数料も高く、一度契約を結べばそれなりの利益を得ることができたので、始めのうちは安定した経営を続けていました。

しかし、近年では安く対応してくれる人に対してニーズが増えていることから、単価が高い派遣がネックとなり、売上が減少していました。
派遣先企業からの入金も数か月先という状況だったので、経営はどんどん悪化していきます。

このままでは入金までの数か月を乗り切れないと考え、ファクタリングを導入することにしました。
ファクタリングを利用したことで資金ショートは解決し、経営を回ることによって軌道も回復させることができました。
一時的でも手元の資金を増やすことができたことが要因となり、経営を立て直すことができたのです。

ファクタリングにより人材派遣業は円滑な事業が可能となる


人材派遣業には、潤滑な資金繰りがとても重要であると言えます。
また、確実な資本が常にプールできていなければ事業遂行が非常に困難となります。
ファクタリングを活用するメリットとデメリットをを十分に理解し、目的に合った有効なファクタリングを検討することが重要です。

正社員を雇用し続けることが難しい現代において、人材派遣業はとても大きな比重を持つ事業です。円滑な資金調達と、確実な支払いを心掛けましょう。