ファクタリングの手数料の相場は5%~30% 契約形態で大きく変化 交渉するのは重要ポイント

ファクタリングは手数料を支払って実施する債権買取サービスです。手数料は実施するファクタリングの種類によって異なりますし、ファクタリング業者によって設定されている手数料は変わります。この手数料をしっかり理解して、ファクタリング後の資金がどれくらい供給されるか理解しなければなりません。

手数料を理解しないままファクタリングを実施した結果、かなり多くの手数料を取られる場合もあります。特にファクタリングでよく採用されている2社間ファクタリングの場合、手数料が大幅に高くなってしまうので気を付けましょう。

ファクタリングは手数料を支払うサービス

ファクタリングは手数料を支払うサービスです。手数料はファクタリング業者が経営を続けるために必要なもので、手数料を支払わないでサービスが利用できた場合、ファクタリング業者は経営を続けられなくなります。従ってファクタリング業者は、少ない手数料でもいいから徴収し、企業の経営を続けられる環境を整備する必要があるのです。

手数料は業者によって異なる他、利用するファクタリングの方法によって異なります。ファクタリングの手数料が高くなってしまう場合は、より高いリスクが実施するファクタリングに生じていると考えてください。低リスクで実施できると判断できる場合は、手数料を引き下げて対応します。

手数料を多く取られてしまうと、ファクタリングによって手に入る資金が減ってしまいます。その反面、手数料を大きくした場合はファクタリング時に生じる問題が一部解消される場合もあります。特に売掛金を支払う会社側に知られないというのはいいところで、安心してファクタリングを実施できる場合もあるのです。

ファクタリングの手数料は2社間と3社間で異なる

ファクタリングは2社間と3社間で手数料が異なります。2社間の手数料と3社間の手数料は相場が違うため、2つのファクタリングが同じような手数料で利用されるものと考えないでください。また、手数料を把握しておかないと多くの資金を取られる可能性があるので気を付けてください。

基本的に2社間の方が手数料は高く設定されています。2社間は売掛金を支払う会社側、つまり売掛先の会社に対して情報を通知しません。売掛金の回収という部分でリスクが高くなってしまうため、どうしても2社間の方が手数料は多くなってしまいます。手数料を減らしたいなら、3社間を利用したほうがいいのです。

しかし、手数料を3社間で減らす場合、売掛先の会社にファクタリングを通知しなければなりません。通知した場合は売掛先の会社から色々と言われる可能性がありますし、場合によっては今後の取引がなくなる可能性があります。リスクを減らすためにどの方法を利用すべきか、しっかり考えてファクタリングの方法を選びましょう。

2社間ファクタリングの手数料相場

2社間ファクタリングの相場は20%程度が主流です。業者によって手数料の幅は大きいですが、大体10%~30%の間でファクタリングの手数料が決められます。業者によっては20%という相場よりも小さい手数料でファクタリングを実施できますが、場合によっては相場以上の30%近くの手数料を取られてしまいます。

2社間ファクタリングの手数料がかなり大きくなっている背景には、売掛先に通知しないリスクが高いためです。先ほど説明した通り、売掛先に通知しなかった場合、売掛金の信頼性が確保できません。また、回収できないリスクも生じてしまい、ファクタリング業者としては不安がかなり残る方法なのです。

その結果、売掛金を回収できなかった場合のリスクを最小限に抑えるため、ファクタリング業者は高い手数料を設定します。手数料の金額は10%以上に設定する業者が多く、特に高い業者は30%以上という数字を提示してきます。この手数料を支払うのはかなり厳しく、30%という数字を出された場合は業者を変えたほうがいいかもしれません。

手数料を多く支払う代わりに売掛先に通知されないメリットを得られるというのが2社間ファクタリングです。もちろん2社間ファクタリングは通知されないメリットの方が大きいのですが、その分だけ資金調達できる金額が減ってしまうため注意してください。

3社間ファクタリングの手数料相場

3社間ファクタリングの手数料相場は大体3%程度です。2社間と違い、3社間は売掛先企業に通知してからファクタリングを実施する方法です。売掛先の情報がわかっているほか、売掛金の支払いが期待できると判断されるため、3社間ファクタリングの手数料は引き下げられます。

3社間のファクタリングはある程度情報がわかっているほか、企業側が売掛金を支払うと確約できるため、ほぼ手数料を取らなくても売掛金を回収できると判断されます。その結果、ファクタリング業者としては手数料を引き下げてサービスを提供していいと考えています。

3社間ファクタリングは、医療系などの特殊なファクタリングも該当する方法です。通知してからファクタリングを実施するので、手数料が大幅に削減されます。特に医療報酬ファクタリングの場合、手数料が3%以下に設定される場合があり、ほとんど手数料を取られないケースが多いのです。

ファクタリングの手数料は交渉によって下げられる場合も

ファクタリングの手数料は高く設定されますが、交渉によって手数料を引き下げられます。手数料を引き下げられれば、より多くの資金調達が期待できます。ただ、交渉ができるのは2回目以降のファクタリングであり、初回のファクタリングは実施できないと考えてください。

初回のファクタリングは企業側の信用性が確保できないほか、ファクタリングのリスクが非常に高いと判断されています。手数料を下げるために交渉しても対応してくれない場合が多く、業者側が提示した手数料でファクタリングをしなければなりません。しかし2回目以降であれば、手数料を下げられる可能性はあります。

2回目以降のファクタリングでは、返済実績や取引状況などが改善されます。更に将来性なども判断されるようになり、より信用できる企業としてみられる場合があります。特に過去の利用状況によって、安心してファクタリングができると判断されれば手数料を下げてもいいと判断してくれるのです。

もし1回目のファクタリングで手数料が高いと判断しているなら、2回目以降のファクタリングで手数料の交渉をしてみましょう。手数料の交渉ができて、企業の信頼性が得られれば、最低でも1%の手数料削減が期待できます。かなり高い信頼性を得られれば、5%近い手数料削減もあり得るのです。

ファクタリングの手数料は交渉で削減してみよう

ファクタリングの手数料は、3社間であればあまり気にしなくてもいい数字ですが、2社間だと高い手数料を取られてしまいます。2社間の手数料を削減したいと考えているなら、2回目以降のファクタリング利用時に交渉し、手数料を下げてもらいましょう。交渉次第では手数料を引き下げてくれます。

ただ、交渉する場合は企業の信用性が非常に重要視されます。更に、取引の状況に少しでも問題があると手数料を下げてくれません。手数料の交渉をしたいと考えているなら、ファクタリング業者が安心して取引できると判断できるような利用状況を作り、確実にファクタリングが実施されるという信用性を提示してください。