製造業の資金繰りを助けるファクタリング利用タイミング

主に人件費・原価などで支払いが多くなってしまう製造業は、資金繰りの必要に多く駆られる業種です。そのため、円滑な事業展開を図るために融資で乗り切ってきた事業者がとても多く、負債を重ねたことで、売掛金が発生しているにも関わらず黒字倒産してしまう事態に陥ってしまうのです。

製造業は、売掛金を現金化できるまでの入金サイクルが安定して初めて成立する事業です。ファクタリングを有効活用することで、一切の負債を抱えることなく事業展開することも可能になります。

ファクタリングを利用すべきタイミングを逃さず、効果的な資金調達を行った2社のファクタリング成功例を見てみましょう。

製造業が資金繰りにファクタリングを利用するべきとき

製造業は、資金繰りが悪くなりやすいです。
理由としては固定費の高さや、取引先からの入金が少し遅れてしまったりすることが多くあることなどが挙げられます。
製造業は、固定費の高さや取引き先からの入金タイミングのズレによって、資金繰りが悪くなりやすい業種です。特に、売掛金の入金タイミングがズレてしまった場合、事業者が建て替えなければならない状況に立たされる場面も多く発生します。
入金がズレなくても、入金タイミングそのものがロングスパンの場合もあるため、現金が手元に不足してしまうという黒字倒産の危機に直面することもあるのです。

この【黒字倒産】を踏みとどまるために、銀行融資を受けることで一時凌ぎをするのが一般的でした。しかし、売掛債権を抱えている状況での融資は、製造業の運営を悪化させる大きな要因になってしまうのです。
一度入金がズレてしまった売掛債権は、下手をすれば焦げ付く可能性が出てきます。そもそもロングスパンの入金サイクルをとっている場合でも、融資で乗り切ってしまうことで、負債が膨らむ危険因子として判断されてしまう原因になってしまいます。

本来、ファクタリングを利用すべきタイミングは【資金調達を考えた瞬間】が最も効率的な利用時期です。しかし、多くの製造業の場合、既に多額の融資を受け負債を膨らませた状態でのファクタリングというのが多く見受けられます。
今以上に負債を大きくする前に、売掛金を早期現金化して事業の安定化を図ってください。

ファクタリングを利用した資金繰り改善の成功事例

・A社の場合
取引先が増加すれば、売上は伸びていきます。
しかし売上の入金が取引先によっては遅く、製品を作るためのコストばかりが増えてしまい、そのコストを支払うことができなくなってしまう、というケースがよくみられるものでしょう。
いわゆる黒字倒産してしまうようなパターンです。
A社はまさにそのような状態に陥っていました。
売上は上げられているものの、すでに多くの融資を受けていたA社では追加での融資の申し出は断られてしまいました。
過去6ヶ月のずれ込みの積み重なりで黒字倒産間近になり、A社が諦めてしまうそのタイミングで、たまたまファクタリングを知ることができました。
結果として売掛金を売却し、1,000万円の資金調達に成功したため、倒産を回避できたどころか、見事、資金繰りが改善し安定した経営を行えるようになりました。

・B社の場合
お金を借りているものの予定通りに返済することが出来なくなった場合には、リスケジュールと呼ばれる返済計画の変更をするケースがあります。
しかしリスケジュールした場合、どんな金融機関からも基本的に融資は受けられなくなってしまうため、資金繰りが常に課題としてあったB社は倒産寸前に陥ってしまいました。
しかし、どうにかしようと調べているうちにB社は、売掛金自体は月額1000万円ほど発生していたため、ファクタリングの存在を知り利用することで、500万円を調達することができ、倒産を回避することができたのでした。
ファクタリングは、売掛金があり、取引先の信用が充分であれば資金を調達することができます。
リスケジュール中であったとしても、まずはファクタリングが利用できるかは試す価値があります。

資金の安定化で製造業は安心を手に入れられる

既に多くの負債を抱えた状態であっても、ファクタリングは売掛債権さえあれば資金調達できるサービスになります。融資が必要と考えた際、日本政策金融公庫などに相談する前にファクタリングを思い出してみてください。融資は一時凌ぎにしかならず、利息も発生してしまうことから負のスパイラルに陥る最悪な選択になってしまいます。

既に黒字倒産を控えてしまっている事業主であっても、ファクタリングは売掛債権に対して支払われるサービスであるため、債権自体の透明性が確認されれば問題なく資金調達できるサービスです。
円滑な事業運営のためにも、負債を増やさず、ファクタリングを有効活用してください。