ファクタリング会社を乗り換えた方がいい経営状況と成功例

現状のファクタリング会社に不満がある、もしくはより良い条件のファクタリング会社を検討している際に、乗り換えを考える企業も少なくありません。
乗り換えをすることによって生じるメリットも存在しますが、どのような状態の時に乗り換えを検討するべきなのでしょうか。
今回は、ファクタリング会社を乗り換えた方がいい経営状況と、実際に乗り換えをして成功した例をご紹介します。

どのような場合にメリットがあるのか

ファクタリング詐欺が横行する原因は立ち位置の問題
ファクタリング業者を乗り換える利点として、手数料の交渉がしやすく、結果的に手数料が安くなるというケースがあります。
しかし、乗り換えの際には費用も手間もかかってしまいます。
デメリットが生じても、ファクタリング会社を乗り換えた方がいいのはどのような契約の場合なのでしょうか。

手数料額が高い

一つ目は、今の業者の手数料が高い場合です。
今契約しているファクタリング会社の手数料を、仮に20%だとします。
この場合、100万円の売掛金を買い取ってもらうと、20万円の手数料が引かれることになるので、入金額は80万円になります。
引かれることで大したことがないように思う方もいると思いますが、20万円を返済しなければいけないと考えたらどうでしょうか。
月に20万円の出費はとても痛い額です。継続的に利用することで手数料が少しは安くなることもありますが、それでも20%以上でファクタリングを行っているのであれば、数%でも低い業者に乗り換えた方が、結果的にメリットが大きくなる場合もあります。

中長期ファクタリングの状態

ファクタリングは入金された瞬間は資金が潤いますが、前倒しをしているだけだと資金繰りが苦しい状態のままなのは変わりありません。
理想としては中長期的なキャッシュフロー改善策を用意して、ファクタリングループから抜け出すことですが、現実はそう簡単にはいきません。
どんなに利益が出ていても、契約して半年経って改善が見られない場合は、ファクタリングの費用にも原因がある可能性を考えます。
せっかく利益は出ているのに、半年以上ファクタリングループから抜出せない場合は、乗り換えを検討するのが得策と言えます。

実際の乗り換え事例


それでは実際の例をもとに、乗り換えによってどれくらい手数料が安くなったのかを紹介します。

売掛金が毎月200万円ほど発生している状態で、20%の手数料で半年のファクタリングを利用している会社がありました。
200万円に対して手数料が20%なので、毎月40万円の手数料が発生していました。
毎月ファクアリングをしなければ手元に200万円が残るはずでしたが、20%という高い手数料のために160万円しか手元に残りません。
思い切って別のファクタリング会社に相談してみたところ、半年もの期間を継続利用していたという実績があるので、手数料の交渉に応じてもらえました。
交渉の結果、手数料は12%で契約することができました。
この場合、以前の契約では160万円しか受け取っていませんでしたが、今は176万円の資金調達が可能になりました。
月に16万円の削減をすることができるようになったので、年間でなんと192万円もの費用が浮いた会社がありました。

目的に合わせたベストの選択を

2社間ファクタリングとは中小企業の債権を早期現金化できる金策
ファクタリングの乗り換え検討は、リサーチ等に労力や手間がかかります。
しかし、手数料率が下がり、その結果毎月数十万円の単位で経費が浮くのであれば、かなりの得策であると言えます。
手数料が高いと悩んでいる方は、このタイミングで乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。