運送業がファクタリングをする理由とメリット

経済の血液とも言われ、個人法人を問わず誰もが利用する運送業は、社会にとっても重要な仕事の一つです。
近年では、インターネット通販の普及により運送業に対する需要は高まっています。

しかし、そんな運送業でも資金ショートが起きてしまうという事例が多くあります。
今回は、運送業でファクタリングが必要になる理由と、利用するメリットについて紹介していきます。

運送業で資金繰りが必要な理由


運送業は、先出しの費用が莫大であるという大きな特徴があります。
繁忙期には取引先の急な要請によって増車をしたり、人材を集めたりする必要があります。また、車両の整備や車検も必要になってきます。
昨今の運送業では、若い人材を確保することが困難となってきており、従業員の平均年齢が上がっています。

これにより、人件費を削減することも難しく、燃料の高騰によってその支払いも負担が大きくなってきているのです。
結果として運送業は利益率の低いサービスを数多く販売して利益を出さなくてはいけない状況になっています。

このような事業特性がある運送業では、運転中の事故や車両の故障など、予期せぬ出費が出てしまうと資金繰りに悪影響を及ぼします。
もちろんこれらのリスクに対しては保険を掛けていますが、保険に入っていてもすぐに保険会社から保険金が支給されるわけではありません。
そのため思わぬ出費があると、資金繰りが滞ってしまうことがあります。

このように、運送業は燃料費、人件費、リース料、車両トラブル等による臨時的な支出が必要となるケースが多くあります。
高いコストをかけているという背景もあり、資金ショートの可能性が出てくるのです。
こういった理由から、常にすぐ資金を調達できる手段を取るために、運送業でもファクタリングが活用されています。

運送業でファクタリングを取り入れるメリット


運送業がファクタリングを利用すると、自社が所有する取引先の金銭債権を使用して、期日よりも前に資金調達ができるというメリットがあります。
運送業では既にサービスの提供が終わっていても、取引先が入金するまでの間には一定の時間がかかってしまいます。
よって、その間に予期せぬ出費があると資金繰りが苦しくなってしまいます。
期日よりも前に入金があれば問題ないのですが、契約で期日終了後と決まっていることも多いため、難しいという事実があります。

ここで、ファクタリングを活用することにより、期日よりも前に金銭債権を現金にすることができます。
ファクタリングの場合、銀行や公的機関よりも審査が短いという利点もあります。
迅速な資金調達ができれば、財政状態を改善できる可能性も出てきます。

また、取引先の信用度はファクタリング会社が調べてくれます。
従って、ファクタリングを活用すれば債権管理業務を外部化できるというメリットも出てきます。

このように、運送業は先出しの費用が大きく、資金繰りも容易ではない職種です。
しかし、ファクタリングを利用することにより解決できる面もあるため、ファクタリングは運送業にとっても有意義な選択肢です。

運送業のランニングコストはファクタリングで乗り切れる


運送業で使用するトラックには多くのランニングコストを必要とします。自社所有のトラックでなければ、当然リース料も重くのしかかるランニングコストの一つです。車検も必要な上、長距離の移動が重なれば消耗品の交換なども全て会社の負担となります。

ファクタリングを活用することで、急な車両トラブルで必要となる修理費を賄うことができますので、一つの方法として覚えておきましょう。