ファクタリングは現在、様々な業種で利用機会が拡大しています。
手形取引が徐々に現象しているため、信用取引の契約が大半になったこともあり、中小企業を中心にして資金調達にファクタリングを検討する企業が急激に増えています。
その中で、実際にファクタリングを多く利用しているのはどのような業種なのでしょうか。
今回は、ファクタリングを利用する割合が多い業種をご紹介していきます。

ファクタリングを活用している業種の割合は


あらゆる職種の中で、ファクタリングの利用機会が多いのは、主に高額入金が納期の後にある業種です。
割合にすると、建設業が34%、運送業が29%、製造業が25%、卸売・小売業が12%という数字になっています。
入金までの期間が長い建設業等は、ファクタリングを積極的に取り入れている顕著な例です。
また、この他にも様々な職種・シーンでファクタリングは活用されています。
それでは、それぞれの業種で、どのようなケースにファクタリングが使われているのかをご紹介します。

活用例一覧

建設業のファクタリング利用事例

ファクタリングを最も多く利用していると言われているのが、建設業界です。
下請けや孫請けと連鎖的に繋がっている構造の為、階層が下に行くにつれて支払いのサイクルが長くなってしまいます。
そこで、ファクタリングを利用することは事業者にとって効率が良いという仕組みになっています。
2019年まではオリンピックの影響で公共事業も多く、ファクタリング会社側も頻繁に債権買取を行っていた業種です。

運送業のファクタリング利用事例

運送業は人手不足が深刻化しており、人件費の捻出や車両購入、その他維持費もかかります。
また突然の事故や故障、ガソリン・軽油の価格高騰という外部要因によっても、赤字になってしまう可能性を抱えています。
そんな時に有効なのがファクタリングです。
今後の銀行融資を通りやすくする為にも、わざわざファクタリングを活用している経営者もいるほどです。

小売業のファクタリング利用事例

近年ではモノの消費が落ち込み、百貨店の店舗閉館も相次いでいます。
小売業は在庫がどんどん増えていきますが、処分にも管理にもその費用が必要になります。
そこで「在庫買取ファクタリング」を利用する企業が増えている傾向があります。

輸出業のファクタリング利用事例

海外にある会社との取引は常にリスクがつきものです。
取引先の信用度を調べることも難しければ、為替変動によって支払い額が大きく変動する可能性もあります。
経営を安定させるために、保障ファクタリングを利用している企業が多くあります。

医療介護業のファクタリング利用事例

病院や診療所では、診療や介護債権を取得してから入金までに約2ヵ月の時間がかかります。
しかしながら高齢化によって患者はどんどん増えていく傾向にあるので、人件費や施設管理費は嵩む一方です。
その要因から、ファクタリングを利用して入金までの期間を耐えている経営者が多いです。

このように、ファクタリングは多方面で利用されており、ファクタリングを活用する理由も多岐にわたります。

事業に合わせた資金調達を


業種ごとにそれぞれの特性が違うことから、ファクタリングを導入している理由は様々です。
しかし、いかなる背景があっても、速やかに現金化が可能なサービスは魅力的なものと言えます。
それぞれの事業目的に合わせ、事業ごとにベストな資金調達を検討しましょう。