どっちがいいの?ファクタリングとベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタル(VC)は近年注目されている資金調達方法の一つです。
ファクタリング企業を利用した資金調達と、ベンチャーキャピタル企業の資金調達はそれぞれ性質が大きく異なります。
どのような場合にどちらの資金調達手段が適しているのかは、それぞれの特徴を理解しておくことが重要と言えます。
今回は、ファクタリングとベンチャーキャピタル、それぞれの特徴について解説していきます。

ファクタリングの特徴


ファクタリングは誰にでもすぐに利用できる便利な資金調達手段の一つです。
ファクタリングでは売掛金などの債権を現金にすぐに換える事ができる仕組みで、支払いまでに時間がかかる売掛金を早期に現金化できる便利な手法です。
ファクタリングの利用時には、売掛金に対し必ず手数料を支払うことになります。
よって、売掛金の額面通りの金額が100%手に入るわけではありませんが、売掛金がすぐに現金で手元に入ってくるのは、経営者にとって魅力的な面になると言えます。
ファクタリングを利用する時にはファクタリング業者の選定が必要になるので、ファクタリング業者に対する知識は、資金調達を成功させるかを左右させます。

ベンチャーキャピタルの特徴


ベンチャーキャピタルは投資先の企業に対し資金提供を行うことによりその投資資金から利益を出す企業で、一般的には株式の保有を用いて企業の成長を促します。
このため、ベンチャー企業等、将来的な成長が見込まれる企業と判断されてベンチャーキャピタルからの資金獲得をできた場合は、非常に大きな金額を一気に確保することが可能です。
そういった意味で、ベンチャーキャピタルは企業成長にも役立つ制度と言えます。
しかし、株式を保有があるということは、その分のデメリットにも注意しなければいけません。
経営に関しての自由度が失われてしまったり、ファンド形成者に対しても利益提供をする必要があるので、その認識と注意が必要です。

どちらの資金調達手段を選ぶべきか


ファクタリングとベンチャーキャピタルは、どちらもそれぞれが適している目的や環境があるので、特徴を踏まえながら資金繰りの検討をする必要があります。
ベンチャーキャピタル企業・ファクタリング企業どちらも、主にベンチャー企業のような新規参入型の企業に対して資金提供を行う重要な存在と言えます。
資金提供力が大きいという面で見ればベンチャーキャピタルですが、気軽に利用が可能なのはファクタリングです。
従って、どちらか一方が特別優れているということではなく、資金調達の目的に合わせた選択をすることが得策と言えます。
これから企業の成長を期待している時や、新たに事業を拡大させたいと考える場合には、これらの資金調達手段について特徴を把握しておくことが大事になります。

急務の場合はファクタリングを

【ファクタリングは何?】売掛債権の買取サービス
しかし、まとまった現金が至急必要なケースであれば、ファクタリングの方が有効であると言えます。
ファクタリングは最短であれば即日の現金化が可能です。
その際にもファクタリング業者ごとによって審査スケジュールや手数料が異なるので、事前に情報を確認してから、条件に合ったファクタリングの導入をおすすめします。