数多あるファクタリングサービスの中で、「保証ファクタリング」をご存知でしょうか。
これは、「買取ファクタリング」とは異なった働きを持ち、金銭債権をファクタリング会社が保証してくれるという特徴から近年注目が集まっています。
今回は、その保証ファクタリングの仕組みと、利用するメリットついて解説していきます。

保証ファクタリングの仕組み

ファクタリング詐欺が横行する原因は立ち位置の問題
経営をする際のリスクから考えていきます。
一般的にみて、例えば得意先が倒産してしまった場合は金銭債権を取り戻すことは不可能と言えます。
中小企業や個人事業主における金銭債権の未回収率は、通常、大規模の企業と比較した場合5%~10% と非常に高い数値です。
また、金銭債権が高額になればなるほど、資金繰りに影響を大きく与えることは必至になります。
そのリスクを回避するために、保証ファクタリングが役に立ちます。

取引先に対する金銭債権が未回収の状態になった場合、取引先ごとによって設定された限度額の上限をもとに、保証金はファクタリング会社の方で払ってくれるので、貸倒れのリスクを回避する効果が期待できます。

この保証ファクタリングは、特に建設業など、金銭債権が発生するタイミングから入金までの期間が長期になることが多い業種を中心に利用されています。
下請けの建設企業が利用をする場合には、できるだけこのようなサービスを活用するようにして貸倒れを防止することが重要です。

なお、保証ファクタリングはあくまで、「金銭債権の支払い保証を行うサービス」であるため、一般的なファクタリングとは異なり、期日よりも前に現金を受け取ることはできかねます。
また、保証ファクタリングは支払った、保証料が戻ってくるということもありません。
この2つのファクタリングは全く異なるものであるため、その相違点についてきちんと認識しておくことが重要です。

保証ファクタリングで得られるメリット


最大のメリットとして考えられるのは、貸倒れのリスクを回避できる点です。
それに加えて、保証ファクタリングを契約する際に、ファクタリング会社が取引先の与信審査も行ってくれるので、社内で与信審査をしなくていいというメリットが生じます。

これにより、アウトソーシングのような形で与信審査をファクタリング会社に任せることができるので、その分の費用を大きく削減することが可能です。
また、不安定な取引先とは信用取引を今後交わさないという決定ができるという点も、大きなメリットの一つになります。

更に、本来であれば新規の取引先は信用情報が全くない状態です。
しかし、新規の取引先の場合でも、ファクタリング会社はどのような会社であるかを調査しているので、金銭債権の見込みを正当に判断することが可能です。
そのため、新規の取引先であっても安心して取引を行うことが可能になります。

以上の点が、保証ファクタリングを活用する大きなメリットと言えます。

保証ファクタリングでトラブルレスを目指す


保証ファクタリングは、事業に対して事前に保険を掛ける行為だと把握すると理解しやすいと言えます。
難しい取引の携帯を全てを理解するよりも、保証ファクタリングの本質を理解しておく方が効率的と言えます。

いつ取引先が倒産するかは誰に察知することができません。
万が一そのような事態になった場合でも、これまでの事業を守ってくれるのが保証ファクタリングというサービスなのです。