新しい資金調達方法【ファクタリング】とは何か?

ファクタリングという資金調達の方法は、今後常識になる可能性があります。
融資等と異なり売掛債権を売買するため、利用する側のリスクも少ないのが特徴です。
運転資金が枯渇しているなど、一秒でも早く潤滑にビジネスを回したい時、救いになります。
しっかりとした知識を有していれば、ビジネスに有効です。
ファクタリングの概要等を知り、ビジネスで上手く活用してください。

【ファクタリングは何?】売掛債権の買取サービス

【ファクタリングは何?】売掛債権の買取サービス

ファクタリングとは、ファクタリング会社に売掛金の買取を行って貰う方法です。
融資や貸金頼る事がなく、利子も発生しないファクタリングは、新しい資金調達の選択肢と言えます。

  • 資金調達の手段が無い
  • 遅れてビジネスチャンスを逃したくない
  • 手元の資金が十分無い時に急な出費が発生した
  • 設備投資したいので少しでも早くお金が必要

ファクタリングは、資金調達で起きる多くのピンチを回避し、スムーズな事業運営に役立ちます。
資金調達の方法として一般的なのは、出資金を募ったり、融資を受ける方法。
ですがビジネスの現場では、時間を必要としているのは大きなネックです。
そんな時お金を早く得られる、返済不要、利息も関係無いというファクタリングを利用する価値は十分にあります。

ファクタリングの概要は?一体どんなサービス?

ファクタリングの概要は?一体どんなサービス?

ファクタリングでは、代金が支払われて無い状態の売掛債権について、ファクタリング会社が買取を行ってくれます。
通常、商品を提供してから代金が入って来るまで、1~2ヶ月後になるのはビジネスの現場では一般的です。
上手にファクタリングを利用すれば、後々入る予定の売掛金がすぐ手に入ります。
取引方法も複数種類あるため、事業者の状況に合わせた柔軟な選択が必要です。

ファクタリングには複数の種類の取引がある

取引方法として主流なのが、事業者とファクタリング会社の2社間で行われる取引と、本来債権のやり取りをする事業者・取引会社、そこにファクタリング会社を含めた3社間で行う取引です。

  • 取引先に伝えない2社間取引
  • 取引先の協力が必要となる3社間取引

一番手軽に行える2社間取引で、事業者とファクタリング会社で行えます。
2社間取引には、売掛先に通知が無いという大きなメリットはありますが、ファクタリング会社側で必要となる調査などに経費がかかるため手数料は高めの設定です。
一方、3社間取引の場合、売掛先に協力を求めて3社合同で実行しなければなりません。
3社間取引は、全社の合意が必要となるため、取引締結までに時間を要します。
しかし、債権を発行する取引会社自身が取引に参加しているため、調査資料をかき集めたりする手間がないため、手数料が抑えられるという魅力があります。

クラウドファクタリングはインターネットのオンラインで取引が可能

クラウドファクタリングはインターネットのオンラインで取引が可能

クラウドファクタリングは、インターネットを通じオンライン上でサービスを受けられるサービスです。
法人に限らず個人でも利用でき、買取金額について上限や下限が設定されていません。
申込みから契約まで、オンライン上で全て完結します。
必要書類を用意すれば24時間以内に審査結果が伝えられ、条件に同意すれば翌営業日に買取金額が振り込まれます。
オンライン上で行われるため、大幅にコストを削減できます。
書類に必要事項等を書いたり、押印の必要も無く面談も求められません。

保証型は売掛債権に保険をかける事

単純に売掛債権を売買する買取型と異なり、売掛債権に保険を掛け、万一債権の支払いが行われないケースに備えるのが保証型です。
売掛先の経営状況が悪ければ、代金が入金されるかどうかが不明確です。
保証型は保証料をファクタリング会社に支払う事で、売掛債権に対する保証を受けられます。
倒産など売掛先の経営状況によって代金の入金が難しい場合、ファクタリング会社が保証金を支払ってくれる仕組みです。
運転資金の対策による利用とは異なる、リスクヘッジを考えたファクタリングと言えます。また、保証型は即金ではない、資金調達契約という点というもポイントです。

借金のようにお金を借りる訳ではない!ファクタリングの大きなメリット

借金のようにお金を借りる訳ではない!ファクタリングの大きなメリット

ファクタリングは、貸金業者とは大きく異なるため、貸金業法に関係しません。
利子の不安無く、売買のため相場をしっかり把握していれば悪徳業者や犯罪者に騙される事もありません。

売掛債権の売買であり借金では無い

融資は、金融機関から特定の目的でお金を借りる事です。
住宅ローンやカーローン等、会社では創業や設備投資や運転資金等が目的として挙げられます。
一方、貸金業者等からの借金は、個人の生活費や遊びや交際費等自由に使えるお金を借りる事です。
ファクタリングは融資や貸金とは異なり、売掛債権の売買という点が大きく違っています。
返済や利子もないのが、融資や借金とは違う特徴です。

手形割引は書面で売掛債権は代金の請求権利

ファクタリングは、手形割引とも違います。
約束手形や為替手形は、権利を証明する有価証券等の書面です。
一方、売掛債権は、商品やサービスに対する代金を請求できる権利です。
手形割引だと、貸金業法が適用される点が決定的に異なります。
ファクタリングでは、貸金業登録業者や金融機関以外も行え、利息制限法の上限金利も関係ありません。

ファクタリングで健全な事業展開になる理由3つのメリット

ファクタリングで健全な事業展開になる理由3つのメリット

スムーズな事業展開のためにはファクタリングは非常に有効です。
新しい資金調達の方法として注目されているのは、それだけ多くのメリットがあるからです。

急な支払いや出費に余裕を持って対応できて未入金の不安も無い

ビジネスの現場では、取引先へ急にお金を支払わなければならない場合も出てきます。
経営状況によっては対応が難しい場合もあります。
ファクタリングを上手に活用すれば、支払い予定日より早く資金を得られるのです。
入金された資金を支払いに回す事で、取引先に迷惑をかけず信用力の低下も防げます。
ファクタリングは、すぐ資金を手に入れられるため、入金と出金が停滞しないサイクルができます。
また、保証ファクタリング利用すれば未入金への不安からも解放されるのです。

審査のハードルが低く融資までのつなぎ資金にもなる

借金や融資と異なり、売掛債権の売買は審査のハードルが低いです。
銀行から直接融資を受けるプロパー融資は、通常、実績と売り上げが無いと受ける事は難しく、審査が非常に厳しくなっています。
ファクタリング会社の審査では、売掛債権が事実かどうかチェックされます。
対象は売掛先となり、あくまで売掛債権の売買です。
そのため審査のハードルが低いのです。
資金調達の手段として、信用保証協会の制度融資や日本政策金融公庫の融資を利用する事業主も少なくありません。
制度融資の場合、審査の多さから融資までの時間がかかります。
ファクタリングを上手にすれば、融資までのつなぎ資金となります。

未払いがあっても返金しなくて良い

ファクタリング後、取引先が倒産する場合もあります。
売掛金が入金されない場合、ファクタリング会社から返金を求められる事はありません。
債権の譲渡をしているので、ファクタリング利用会社は、売掛債権を保証する必要が無いのです。
ファクタリングの場合、ノン・リコースと呼ばれる条件が日本では主流となっています。
過去に遡って請求する権利、遡求によって生じる返済義務が無いという内容です。
ただしノンリコースを採用していないファクタリング会社も存在しているので注意が必要です。
特に銀行が提供するサービスでは、リコースファクタリングを採用している所が多いのが特徴。
活用する場合、リコースかノン・リコースか慎重にチェックしてください。

ファクタリングは資金繰りに悩む中小企業の味方

ファクタリングは資金繰りに悩む中小企業の味方

資金調達の方法として、ファクタリングは中小企業の味方です。
中小企業にとって、運営のための資金繰りは頭を悩ませる大きな問題の1つ。
少しでも売掛分が早く、不払いもなく手に入るファクタリングは大いに利用価値があります。
ビジネスの現場では、お金の振り込みが2ヶ月先になる事も珍しくありません。
スタートしたばかりのサービスですが、借金ではなく健全な事業運営における資金調達の選択肢の1つとして将来身近なものになります。
スムーズな資金調達が行えるようになれば、精神的な負担も軽くなり、ビジネス運営がスムーズにできます。
ストレスのない資金繰りでビジネスを加速させてください。