ノンバンクとファクタリングで資金調達に向いているのはどっち?

事業資金の調達を検討する際に頭に浮かぶのが、ノンバンクの利用とファクタリング等の債権取引による事業資金調達ではないでしょうか。
事業資金を確保するには、ファクタリング等の手段もとても有効的であり、もちろんノンバンクの利用も効率的な場合があります。
事業資金調達を検討する際に重要なのは基礎知識です。
事前に知識を身につけた状態で資金調達を行わなければ、大きな損失を出してしまう事があります。
今回は、ノンバンクとファクタリングでそれぞれ資金調達にマッチするメリットをご紹介します。

ノンバンクを利用する場合


ノンバンクを利用した事業資金確保策というのは、中小企業の中でも特に小規模の企業にとって味方になりえる事業資金の確保手段であると言えます。
ノンバンクというのは所謂銀行のような金融機関とはまた異なる資金提供を行う企業のことで、貸金業法や出資法の制限に基づき、事業資金の融資を行っています。
事業資金を集めようと検討する際は、銀行からの融資を利用するケースが多く見られます。
しかし、銀行からの融資というのはハードルが比較的高いということもあり、融資が受けられないという場合も多々あります。
ノンバンク等の事業資金を提供する企業は、銀行よりもいくぶん審査が緩いということもあり、銀行で融資を断られた場合でも事業資金集めることができる場合があり、特に小規模の企業には役立つと言えます。

ファクタリングの利用でどのような効果が期待できる?


ファクタリングも事業資金を集める際に有効な資金獲得手段です。
ファクタリングというのは、売掛金等の債権をファクタリング業者に買い取ってもらうという仕組みで、事業資金を確保するうえで効率的な方法と言えます。
売掛金を現金化する際にはファクタリング業者からの審査を受け、その後ファクタリング企業による売掛債権を買い取ってもらいます。
この際に売掛金の額面から手数料分を引かれた金額が受け取れる分となるので、ファクタリング契約を結ぶ前にこの手数料を確認しておくと役立つと言えます。
売掛金の金額が大きくなると、それに比例して手数料も高額になるので、あらかじめ事業資金集めの際には手数料に注意しておく必要があると言えます。
ファクタリングはノンバンクと異なり、バランスシートに悪い影響を与えず資金確保ができるというメリットもあります
そして資金調達を行うにあたり、情報や知識は非常に重要な要素です。
事業資金集めで役立つ基本的な知識を学び、正しくしっかりと資金繰りの計画をするようにしましょう。

利用目的に合えば効率的な資金調達手段に


ノンバンクとファクタリングでは、利用シーンにマッチすればそれぞれ大きなメリットを受けられる場合があります。
特にファクタリングはスピーディーに現金を確保することができる、企業負担の少ない資金調達の代表と言えます。
また、最短であれば即日でまとまった現金を手にすることができるのも、ファクタリングならではの魅力の一つです。
税務処理や会計処理の基本を把握し、利用目的に合わせた資金調達でファクタリングを有効活用するようにしましょう。